麻生区版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

桐光高野球部

3年連続 県ベスト4 文化

横浜に敗れるも健闘

3回裏、一時同点となる満塁弾を放つ桂川選手
3回裏、一時同点となる満塁弾を放つ桂川選手
 第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会の準決勝が先月28日、横浜スタジアムで行われ、麻生区の桐光学園は横浜高校に6対10で惜敗。3年連続県ベスト4で今年の夏を終えた。

 準々決勝の慶應戦では11対8で乱打戦を制するなど、強力打線で大会を勝ち上がってきた桐光。横浜との準決勝も打ち合いとなった。2回までに5点を奪われ、ビハインドの展開となるも、4点を追う3回裏、2死満塁から桂川弘貴選手(3年)が初球をたたくと、打球はレフトスタンド最上段へ。同点満塁ホームラン。「積極的に打っていこうと思った。思いっきり振ったら、飛んでくれた」と振り返る。

1年生投手が力投

 打線が奮闘する一方、投手陣は先発の谷村然投手、2番手の冨田冬馬投手、ともに1年生ピッチャーが力投。特に左腕・冨田投手は3回1死からマウンドに上がり、直球、スライダー、チェンジアップのコンビネーションで9回まで粘り強いピッチングを見せた。しかし、横浜の4番・増田珠選手(3年)に2本塁打を浴びるなど、追加点を奪われ、桐光も齋藤健成選手(3年)のソロ本塁打などで食らいついたが、反撃は及ばなかった。

 3年連続で同じ横浜に敗れ、準決勝敗退となったが、桐光・野呂雅之監督は「相手どうこうではなく、準決勝で敗れ、残念。優勝しなくては。打線はよかったが、長く続けることが難しい。もう少し精度を上げていきたい」と語る。冨田投手は「甘い球を一球で仕留められた。来年は絶対に甲子園に行きたい」と悔しさを滲ませる。関屋豪晃主将(3年)は「自分一人ではここまでできていない。同じ方向を向いていた。今まで支えてくれた人たちにありがとうと言いたい」と語った。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

29日からしんゆり映画祭

澤地久枝さんも登壇

森で楽しむアート

森で楽しむアート

10月20日号

思い出の写真を募集

ニューグランド

思い出の写真を募集

10月20日号

シニアライフ充実の秘訣

長谷川きよしコンサート

チャリティー

長谷川きよしコンサート

10月20日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

29日からしんゆり映画祭

29日からしんゆり映画祭

中野量太監督らも登場

10月29日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第110回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(5)〜増上寺領王禅寺

    10月20日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク