麻生区版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

現場で指揮をとる花火師として、多摩川花火大会の演出を手がける

竹山 裕之さん

丸玉屋小勝煙火店 49歳

一瞬のきらめき、魂込め

 ○…川崎の夜空を彩り、多摩川の水面に映し出される火と音の芸術。「多摩川花火の魅力は、距離の近さと迫力」。音楽に合わせて打ち上げる名物のハナビリュージョンは「音と光の一体感がすごい」。華やかな舞台の裏側で、事務手続きをはじめ花火製作から当日の進行管理、コンピュータ制御による点火装置の取り扱い、打ち上げや音楽のプログラミングまでこなす現場指揮官として奔走する。

 ○…「火薬を扱うため、ちょっとしたミスが大事故につながりかねない」。安全面を第一に、現場管理の資料作成に至るまで、常に細心の注意を払う。足を運ぶ現場は年間およそ50カ所。1999年、2004年には川崎フロンターレがJ1昇格を決めた等々力陸上競技場の試合で、花火の演出を手がけた。「あのときは勝ってくれて本当によかった。会場の声援や盛り上がりを肌で感じられる。演出をやっていてこんなに嬉しいことはない」。歓喜の瞬間が、ふとよみがえる。

 ○…出身は富山県。小中学生時代はトロンボーンやチューバ、打楽器のほかギター、ピアノもこなす音楽少年だった。大学では電子工学を専攻。所属していた軽音楽サークルの縁で、20代半ばからアルバイトとして門を叩いたのが丸玉屋小勝煙火店だ。花火の運搬や設置など補助業務に数年間携わり、社長の誘いがきっかけで社員に。花火師歴は22年を数える。地域の運動会、お祭りから定番の花火大会、東京ディズニーランドの演出まで幅広い分野の現場を経験してきた。

 ○…繁忙期の夏以外は、作り手目線で各地の花火を見て回ることも。休日には、自宅と職場から程近い多摩川沿いの自然を堪能しながらバイクで走り、湾岸の工場夜景を眺める。「お正月のドバイみたいな、建物を使った豪華な花火の演出をやってみたい」。東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジに思いをはせる。密かな夢を膨らませながら、模索の旅は続く。

関連記事powered by weblio


麻生区版の人物風土記最新6件

高桑 光雄さん

川崎フロンターレ麻生アシストクラブの新会長に就任した

高桑 光雄さん

10月13日号

福士 誠治さん

県内で撮影が行われた映画「じんじん 其の2」に主要人物として出演した

福士 誠治さん

9月29日号

大和 ヒロシさん

プロレス団体WRESTLE-1所属のレスラーとして活動しながら大会プロデュース等も行う

大和 ヒロシさん

9月22日号

福本 学さん

「アジアン・ドクターズ・オーケストラ」の実行委員長として、24日に第1回公演を控える

福本 学さん

9月15日号

田井中 竜昇(たつのり)さん

県立向の岡工業高校出身で、二子山親方の内弟子として大相撲の土俵に立つ

田井中 竜昇(たつのり)さん

9月8日号

中村 ふみよさん

地元活性のSNSコミュニティ「ふらっと新百合ヶ丘」や農園体験イベントを運営する

中村 ふみよさん

9月1日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク