麻生区版 掲載号:2017年8月11日号

市内産の梨を堪能 文化

地元でもぎ取り体験も

旬を迎えた「幸水」
旬を迎えた「幸水」
 川崎市内では、各地で梨やブルーベリー、イチジクといった様々な果物を生産している。

 この時季、旬を迎える梨は「もぎ取り体験」ができる農園もある。この夏、各園を訪れ地元産の梨を堪能してみては。

多摩川梨

 「かわさき農産ブランド」にも指定されている市内産の梨は「多摩川梨」と呼ばれ、市民に親しまれている。

 その歴史は古く、江戸時代初期に大師河原村(今の川崎区)周辺で梨栽培がおこなわれていた記録がある。現在は多摩・宮前・高津・中原・麻生区の市内約29万平方メートルで栽培されている。

 主な梨の収穫期は、「幸水」が8月中旬〜下旬、「豊水」「二十世紀梨」が9月上旬〜中旬。もぎ取りができる農園は以下の通り。

 ▽田村果樹園(多摩区中野島1の7の10/【電話】044・944・7941)▽中イ園(多摩区中野島3の31の40/【電話】044・911・6800)▽かしや梨園(多摩区中野島4の1600/【電話】044・900・1681)▽三平果樹園(多摩区登戸1251/【電話】044・900・3752)▽石井梨園(多摩区登戸2367/【電話】044・911・5912)▽ヤマモ(多摩区長尾1の435の1/【電話】044・911・6537)▽井喜梨園(多摩区長尾1の14の3/【電話】044・922・1859)▽日の出園(多摩区堰2の8/【電話】090・2720・9746)▽やまじょう梨園(多摩区菅稲田堤2の7の11/【電話】044・944・2900)

 もぎ取りに行く際には事前に問い合わせを。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

任せて安心セレモニアグループ

市内7区に9施設、信頼の葬儀でシェアNO.1

http://www.ceremonia.co.jp/sousai/index.php

「バンバンなら私もいける!」

本店・ブラッサム・ポラリス・向ヶ丘店―バンバングループに新台一挙23機種登場

http://www.prime777.co.jp/

川崎ブレイブサンダース

ホーム戦をお得に楽しめるシーズンシート・パッケージチケット販売中!詳細はHP

https://kawasaki-bravethunders.com/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年ははるひ野で

野外上映会

今年ははるひ野で

9月2日に2本立て開催

9月2日~9月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/