麻生区版 掲載号:2017年8月18日号

農福連携の可能性探る 社会

JA関連企業が取り組み

仕分け作業を行う施設利用者(高津区のセレサアグリコ事務所)
仕分け作業を行う施設利用者(高津区のセレサアグリコ事務所)
 農業と福祉の連携模索で地域の相乗効果を――

 JAセレサ川崎の子会社、セレサアグリコ(株)が「農福連携」による地域の課題解決に向け、試行的な取り組みを行っている。

 セレサアグリコは一般市民向けの貸し農園事業を麻生区や宮前区などで展開している他、農作業の受託なども行っている企業。現在、同社は各種事業などで収穫した農作物の選定作業などを障害者施設の利用者に依頼するなど、福祉分野での連携について可能性を探っている。

 高津区千年にある同社の事務所で先ごろ行われたのは、麻生区黒川で収穫されたジャガイモの選定作業。高津区にある知的障害者の通所施設「障害福祉サービス事業所ちとせ」利用者がジャガイモを一つずつ計量し、サイズごとの仕分けを行う作業を行った。

 セレサアグリコ関係者は「内職的な作業が海外へ流出し、障害者の就労の機会が減っている中、仕事の幅を広げることが出来るか、まずは農福連携が可能かを探っている状態。農業の活性化と併せ、機会の提供が出来るよう今後も協力していきたい」と話している。

関連記事powered by weblio


新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地産地消学ぶ料理教室

地産地消学ぶ料理教室

親子企画として10月実施

10月21日~10月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第108回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(4)〜領主と農民 後編

    9月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/