麻生区版 掲載号:2017年9月1日号

相互連携で地域の発展を 文化

大学と街づくり団体が協定

協定書を持つ生田学長(右)と中島理事長(左)
協定書を持つ生田学長(右)と中島理事長(左)
 田園調布学園大学(生田久美子学長)と川崎新都心街づくり財団(中島眞一理事長)がこのほど、地域の活性化と地域活動の促進に関する連携・協定を結んだ。

区の発展について、相互の活動連携などからサポートをおこなっていく。

 両者はこれまで、同大学が開催している、小学生らに職業体験などを学んでもらう「ミニたまゆり」で同財団が特設ブースを出して参加しているほか、財団が関わる「しんゆりマルシェ」、「しんゆりライブリー」のイベントでは教員と学生がワークショップを開くなど、双方の催しで交流している。今回の協定締結を機に、さらに連携や協力を進め、地域課題の解決を推進していくことになる。

 8月7日には同大で関係者による締結式が行われ、生田学長と中島理事長が協定を締結した。大学関係者は「子育てや福祉といった田園調布学園大学の専門性を生かし、連携を強めていくことで地域の発展に寄与していきたい」と話していた。財団関係者も「和光大に続く2校目となる大学との連携協定。学生たちによるまちづくりが素晴らしい活動になっていくことを期待している」と話している。

関連記事powered by weblio


新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地産地消学ぶ料理教室

地産地消学ぶ料理教室

親子企画として10月実施

10月21日~10月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第108回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(4)〜領主と農民 後編

    9月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/