麻生区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

市バス 「新ゆり―溝口」に新路線 利便性、輸送力を強化

社会

「新百合丘駅前―溝口駅南口」の新ルート
「新百合丘駅前―溝口駅南口」の新ルート
 川崎市は1日、新百合ヶ丘駅と溝口駅を結ぶ市バスの路線を新設し、運行を開始した。市交通局は「二つの拠点駅を結ぶことで、市内北部地域の利便性や輸送力の強化を図る」としている。

 従来、両駅を結ぶバス路線はなく、電車で新百合ヶ丘駅から溝口駅へ向かうには、登戸駅で小田急線から南武線へ乗り換えの必要があったが、バスの直通運行により、両駅のほか、麻生区、宮前区、高津区相互のアクセス向上を図る。

 新路線の系統は「溝11」で、「新百合丘駅前」から「日本映画大学」、「王禅寺公園」、「田園調布学園大学前」、「稗原」、「蔵敷」、「向丘出張所」を経由し、「溝口駅南口」までを運行する。平日に14往復、土曜日・休日に13往復。路線新設に伴い、これまで小田急バスなどが使用してきた「王禅寺公園」「日生住宅」「東百合丘四丁目」の停留所を、市バスの新規停留所として共用するかたちになる。

 市交通局は「通勤通学時に小田急線、東急田園都市線を利用しやすくなることや、買い物の際など、新百合ヶ丘へのアクセス向上に期待できる」としている。両駅の乗り場は、「新百合丘2番乗り場」、「溝口駅南口3番乗り場」。

 市内ではそのほか、溝口駅から向丘出張所や蔵敷方面に向かう「溝18系統」の深夜便が7日より、平日のみから土曜日にも運行が拡大される。

 問い合わせは、市交通局(【電話】044・200・3204)へ。

麻生区版のトップニュース最新6件

川崎F、奇跡の逆転初V

30年間の空き地を利活用

課題踏まえ 再度運行実験

岡上西コミュニティ交通

課題踏まえ 再度運行実験

12月1日号

待機児童374人、3倍超

子ども食堂の状況を調査

市民団体と専修大生

子ども食堂の状況を調査

11月24日号

移動販売で高齢社会に一手

ローソン・JAなど

移動販売で高齢社会に一手

11月24日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプ集め福引き挑戦

百合丘中央商店会

スタンプ集め福引き挑戦

抽選は23、24日

12月1日~12月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

    12月8日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第112回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 後編

    12月1日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク