麻生区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

JAセレサ川崎グループの指導付き体験農園あぐりっこ農園で農園生活始めませんか!

 自分で育てた野菜のおいしさが実感できる、アウトドア感覚で楽しめる、そんな理由から農園にチャレンジする人が増えている。川崎市内では2017年春、JAセレサ川崎グループによる体験農園がオープンし、注目を集めている。

 体験農園「あぐりっこ農園」は野菜づくりの指導付き、種や苗、肥料に農具も一切不要と、一般的な市民農園とは異なるサポートによって人気を博している。「このエダマメはもう収穫できますか?」「それはまだ早いけどこっちはもういいかな。収穫は根ごと抜いてくださいね」…。子どもから大人まで、キュウリやトマトなどの収穫や農園スタッフとの気さくな交流が実に楽しそう。

 「利用者さん向けの講習会を随時開催してプロの農家や専門知識が豊富なスタッフが丁寧に野菜づくりの魅力を伝えています。また、農園によって事前に栽培計画を立てていますので、いつ何を植えたら良いのかといった心配もありません」と農園スタッフ。どんなに初心者でも、小さな子ども連れの家族でも、楽しく野菜づくりから収穫まで体験できるのは大きな魅力となっている。

 ここで収穫したミニトマトがおいしくて、家に着く前の車の中で食べてしまった、なんていう利用者の声も。夏野菜が終われば、ニンジンやダイコンなど秋から冬にかけての野菜と、1年を通じて楽しむことが出来るあぐりっこ農園。現在は麻生区五月台と宮前区宮前平にあるが、2018年春には宮前区梶ヶ谷での開園も予定されるなど、「自分で野菜づくり」への需要は高まっている。

 あぐりっこ農園を利用する夫婦は「やっぱり採ってきたばかりの野菜は新鮮で、とてもおいしいですよ」と話す。五月台と宮前平の農園で野菜作りを始めたい、来年の新しい農園が気になる、まずは自分で野菜をつくってみたいという人はぜひ利用してみてはどうだろう。※開園済みの2農園では見学も受け付けているので、詳しくはお問い合わせを。
 

セレサアグリコ株式会社

神奈川県川崎市高津区千年793-1

TEL:044-777-6655

http://www.aguricconouen.com/

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

住まいの相談・展示会

11月26日 多摩区役所 川崎市主催

住まいの相談・展示会

11月17日号

骨の健康をチェック

企業の温暖化対策((クールチョイス))紹介

予防、メンテナンスを軸にした欧米型歯科診療

アクティブシニア向けの新しい住み方

32〜61平方メートル2人入居可

アクティブシニア向けの新しい住み方

11月3日号

プロ推薦の歯周病予防は定期検診+日々のチェック

シリーズ歯周病について㉑

プロ推薦の歯周病予防は定期検診+日々のチェック

11月3日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク