麻生区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

パラ金メダリストが講演新田佳浩選手 柿生中で夢の大切さ語る

教育

 市立柿生中学校(財田信之校長)で10月27日、パラリンピックのクロスカントリースキー金メダリスト・新田佳浩選手(37)が全校生徒を前に講演「夢を叶える」を行った=写真

 新田選手は3歳の時に大型農機具に巻き込まれ左前腕を切断。小学生から始めたクロスカントリースキーで98年の長野大会からパラリンピック出場を続け、2010年バンクーバー大会で2つの金メダルを獲得。現在は来年の平昌大会出場に向け練習を重ねている。

 新田選手は泣き虫だった幼少時代のことや家族への感謝に加え、夢を持つことの大切さ、目的と目標を設定してそれを継続することの大切さを講演。「腕が無いのを理由に、何もしていなかったら夢は叶わなかった。目的や目標を可視化することで夢は実現する。不可能とは、できる可能性があることと信じ続ける気持ちが大事」と話しかけていた。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク