麻生区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

専修大高橋投手 福岡SBへ2位指名、生田で喜び語る

スポーツ

専大のユニホームを着て、抱負を語る高橋選手=11月1日
専大のユニホームを着て、抱負を語る高橋選手=11月1日
 プロ野球ドラフト会議が先月26日に都内で行われ、専修大学商学部4年の高橋礼投手(22)が福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた。高橋投手は多摩区の生田キャンパスで会見を行い、硬式野球部の齋藤正直監督(57)や仲間たちと喜びを分かち合った。

 ドラフト会議が始まる夕方5時。会見席には高橋選手と佐々木重人学長、齋藤監督が並び、100人を超える部員や学生、職員らが会議のテレビ中継を見守った。ソフトバンクが2巡目で入団交渉権を獲得すると、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

 同大からは、高橋選手の1年先輩の主将で北海道日本ハムから昨年指名を受けた森山恵佑外野手(23)がプロ入りしており、同じパ・リーグで対戦する可能性もある。高橋選手は「大学時代にホームランを打たれているので、対戦できれば三振を取りたい」と思いを語り、「時間がかかってでも、いつかは日本代表で重要な場面を任される投手になりたい」と語気を強めた。千葉県から駆けつけた高橋選手の父親、伸彦さん(56)は「これまで以上に厳しい世界。精進して自分の道を進んでほしい」と激励した。

 千葉県松戸市出身の高橋選手は右下手投げの同大エースで188センチ、84キロ。大学2年時に大学の日本代表に選出されている。

指名当日、会見場を訪れた高橋選手の両親と姉
指名当日、会見場を訪れた高橋選手の両親と姉

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

「それでも描きたい」

市民ミュージアム

「それでも描きたい」

11月17日号

今年も冬の煌めき始まる

ニック 通算2千得点

サンダース

ニック 通算2千得点

11月17日号

障害者輝くアートの世界へ

宝石イルミでスケート

秋の叙勲・褒章 区内にも

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク