麻生区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

和光大2年細沼さん 「TARO賞」に入選 立体芸術で社会を表現

文化

入選を果たした細沼さんの作品
入選を果たした細沼さんの作品
 和光大学表現学部芸術学科2年の細沼凌史さん=今号人物風土記で紹介=の作品がこのほど、川崎市岡本太郎美術館が行う「第21回岡本太郎現代芸術賞」に入選を果たした。558の応募作品の中から26人(組)の作品が入選。来年2月初旬の最終審査を経て、各受賞者が発表される。

 細沼さんが作り上げた立体芸術作品のタイトルは「キー・ボルド・ウォール」。パソコンのキーボードやマウスが取り付けられた壁をボルダリングのように登っていく。

 「現代社会ではコンピューターが発達しているが、本当は、技術は人間の努力によるもの。コンピューターに対し、努力で這い上がっていく人間(の様)を表現したかった。横にある台の上のメトロノームは焦らされる現代社会を表した」と細沼さんは話した。

麻生区版のローカルニュース最新6件

大矢紀さん、市文化大使に

全52校でスタート

中学校給食

全52校でスタート

12月15日号

クラブ運営権 DeNAへ

バスケB1サンダース

クラブ運営権 DeNAへ

12月15日号

共に育てた米を寄贈

シニアの地域活動を支援

自然に親しみ地域活性へ

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプ集め福引き挑戦

百合丘中央商店会

スタンプ集め福引き挑戦

抽選は23、24日

12月1日~12月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第114回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 後編

    12月15日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

    12月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク