農工業関係者IT技術で農業発展探る第1回連携部会で議論

経済

掲載号:2017年9月8日号

  • googleplus
  • LINE
議論を交わす農業者と工業者
議論を交わす農業者と工業者

 川崎市農業振興課は8月22日に高津区のJAセレサ梶ヶ谷ビルで都市農業活性化第1回連携部会を開催した。目的は農家が抱える課題や理想を工業者のアイデアや技術を参考に方策を考えること。

 当日は農業、工業関係者15人が参加。農家側からは、無人販売用の自動販売機について、野菜販売に割く労力を削減するために導入されることが多い機器だが、在庫を直接見に行かなければ把握できないなど「管理は意外に人手がかかる」と多くの農家が課題に挙げた。それに対して工業者側からは、在庫状況を携帯電話などに知らせるIT技術の可能性が語られた。

 その他、農家側からは防鳥網を広げる作業の機械化や、作物の生育状況などを管理する技術の必要性が語られた。また工業者側からは市内の作物の量が多い割に、それらを使った加工品が少ないことを取り上げ、その開発をしてみてはどうかなどといった提案が出た。

 農家側からの参加者の一人は「業種が違う方から意見を聞くのはとても参考になった。自動販売機に関する課題を工業者と共有できたことも大きい」と語った。また部会開催に協力した(株)アルファメディアの小湊宏之代表取締役は講評で「今後も議論の場を定期的に設ければ、農家と工業者が互いに活性化していくステップになる」と話した。市は同部会の次回開催を1月に予定している。

  • googleplus
  • LINE

麻生区版のローカルニュース最新3件

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>