川崎区版 掲載号:2015年9月25日号

川崎市基準地価

やや鈍化傾向も上昇 経済

住宅地、商業地、工業地とも

 市は17日、土地取引の指標となる基準地価について、市内113地点の調査結果を公表。平均変動率は、住宅地、商業地、工業地のいずれも前年と比べると伸び率に鈍化傾向がみられるものの上昇。再開発が進む中原区や都心へのアクセスのよい高津区の需要が堅調だ。

 基準地価は、都道府県が法令に基づき基準地を選定し、毎年7月1日時点における各基準地の1平方メートルあたりの正常な価格を決定し公表しているもの。

 今回川崎市は、工業地、住宅地、商業地とも平均価格は上昇しているが、変動率はいずれも昨年からダウンし鈍化傾向がみられる。

 住宅地でみると、平均価格は1平方メートルあたり25万2900円。変動率は1・1%と昨年から0・4ポイント縮小したが、全75地点のうちマイナスは多摩区の1地点と麻生区の2地点のみで、それ以外は上昇している。変動率が最も高かったのは高津区「諏訪1丁目391番4」地点で3・7%。最も価格が高いのは、中原区の「小杉御殿町2丁目144番1」地点の48万円だった。

 一方、商業地の平均価格は54万9200円。変動率は2・9%と、こちらも昨年から0・2ポイント縮小したが、全35地点でマイナスはなかった。根強いマンション需要や再開発の影響、投資資金の流入等が押し上げたと考えられる。変動率が最も高かったのは、中原区「新丸子東2丁目907番14」の10・3%。最高値は川崎区「駅前本町3番6外」の200万円。

 住宅地・商業地とも中原区と高津区が平均変動率の1位2位を占め、JR武蔵小杉駅の再開発事業や、都心へのアクセスのよさなどが理由とみられる。

 また工業地は川崎区内の3地点のみで、平均価格は14万4300円、変動率1・4%(0・1ポイント減)だった。
 

川崎区版のローカルニュース最新6件

川崎大師で必勝祈願

フロンターレ

川崎大師で必勝祈願

1月20日号

カフェボランティア養成

富士通スタで各種教室

熊本市長が講演

防災シンポ

熊本市長が講演

1月20日号

「若者の育成に努める」

川崎青年会議所

「若者の育成に努める」

1月20日号

ベイジュニアが初優勝

12球団大会

ベイジュニアが初優勝

1月20日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

川崎区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

市民ミュージアム

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

17日、23日、24日

12月17日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク