川崎区版 掲載号:2016年12月23日号

冬の全国大会「ウインターカップ」に出場する桐光学園バスケットボール部監督を務める

高橋 正幸さん

市内在住 48歳

感謝の気持ち胸に 頂上へ

 ○…9月の県大会を制し、高校バスケ冬の全国選抜大会「ウインターカップ」に神奈川代表として4年ぶりの出場を決めた。今年は1月の新人戦と5月の関東大会予選で県制覇、夏のインターハイでも全国ベスト8と好成績を残し、締めの大舞台に12月25日から挑む。「今回は強豪校が多いブロックに入っていますが、選手たちの目標は日本一。頂上を目指すならどのブロックでも同じなので、挑戦者の気持ちで挑みたい」

 〇…百合丘出身で桐光学園6期生。西生田中時代は地元クラブで野球、部活はバスケと二足のわらじを履いたが、桐光学園高では「念願だった」という野球部に所属。野呂雅之野球部監督就任1年目の夏に県大会ベスト8まで進んだ「桐光旋風」を起こしたメンバーの一人だ。大学から再びバスケの世界へ。学生時代から横浜の高校でバスケ部コーチを務めるなど、指導者の道へと進んだ。「大学時代は1軍のメンバーにはなれなかったのでへたくその気持ちが分かるんです」と笑って当時を振り返る。

 〇…高齢になっても身体を動かせるスポーツを、と2年ほど前からゴルフを始めたが、今はバスケ部に関わる時間が大部分を占める。そんな中でも子どもたちと過ごす時間は大切なひと時。「ディズニーランドに映画、高校サッカーと、子どもたちとはよく出かける方だと思います」と父親としての顔も覗かせる。

 〇…教師として桐光に戻って以来、男子バスケ部監督は27年目。部は監督含め2人のスタッフでマネージャーからコーチ業務、遠征時の車の運転までこなす。「コミュニケーションが充分取れるので良い部分もありますよ。生徒には学校や地元、全てに対して感謝の気持ちを忘れるなと言っています。もちろん監督にもだぞって」。冗談で和ませるなど雰囲気づくりでも部を引っ張る存在として、これまでの最高成績(全国ベスト8)を超える目標へ向かい、選手らと歩を進める。

川崎区版の人物風土記最新6件

森 三樹さん

今年で創立65周年を迎える「川崎市民交響楽団」の6代目運営委員長を務める

森 三樹さん

1月13日号

白石 晴生さん

第67代川崎青年会議所(JC)理事長に1月1日付で就任した

白石 晴生さん

1月1日号

斉藤 理恵子さん

川崎・幸区の介護施設等にボランティアで体操を教え、笑顔を届ける

斉藤 理恵子さん

12月16日号

飯田 純士(あつと)さん

11月のアジア選手権で水球日本代表として初の金メダル獲得に貢献した

飯田 純士(あつと)さん

12月9日号

森山 恵佑さん

専修大学野球部の主将で、日本ハムへの入団が決まった

森山 恵佑さん

12月2日号

井(いい) 武敏さん

平成28年度かわさきマイスターに認定された

井(いい) 武敏さん

11月25日号

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

川崎区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/