川崎区版 掲載号:2017年1月1日号

第67代川崎青年会議所(JC)理事長に1月1日付で就任した

白石 晴生さん

(株)ランドサーベイ代表取締役 38歳

克己心をもって職を遂行

 ○…1951年から続く川崎青年会議所の理事長に就任。「伝統をしっかり受け継ぎながら、JCをより魅力的なものにして、外部にどんどん存在を発信していきたい」と力を込める。全盛期は250人以上いたメンバーも、今は100人前後に落ち着いている。「次の理事長にバトンタッチする時はメンバーを3ケタに保つこと。理事長職に就いたからには、その覚悟を持って活性化に取り組みたい」と表情を引き締める。

 ○…父親や叔父も元会員で、数多くのOBが川崎経済の礎を築いたことから憧れを抱き、父親が経営する測量会社の代表に就任したのを機に入会を決めた。10年から2年間にわたって南極観測隊の一員として昭和基地で測量の仕事に従事したことも気持ちを前進させた。異業種の人が集まりチームを形成、様々な人たちと知り合える素晴らしさを実感したという。「見える世界が変わった。JCにもその魅力が詰まっています」

 ○…小さい頃から体を動かすことが好きで、幼稚園から高校までラグビーを続けた。JCにも「ノーサイド」というラグビークラブや、ゴルフクラブがありスポーツ交流も盛んだ。息抜きは海外旅行。夫人と暖かい国に行くのが楽しみだという。「ただ、今年一年間はどこにも行けないよと言った」と笑い、それだけ理事長は大変だということを伝えたという。そして、理解を示してくれた夫人への感謝の気持ちは忘れない。

 ○…今年掲げるスローガンは「克己心(こっきしん)」。組織拡大のためには「何かを犠牲にしてでも、取り組む年があってもいいのかなと思う」と決意は固い。多くの人に活動を見てもらいたいという思いが強く、昨年から始め、新たな入会にも繋がった異業種交流会も継続して実施していく。「JCに入ることで時間が奪われることもあるかもしれないが、それ以上に得られるものは大きい。私が4年間活動して感じたこと。素晴らしい仲間に出会えますよ」

川崎区版の人物風土記最新6件

森 三樹さん

今年で創立65周年を迎える「川崎市民交響楽団」の6代目運営委員長を務める

森 三樹さん

1月13日号

高橋 正幸さん

冬の全国大会「ウインターカップ」に出場する桐光学園バスケットボール部監督を務める

高橋 正幸さん

12月23日号

斉藤 理恵子さん

川崎・幸区の介護施設等にボランティアで体操を教え、笑顔を届ける

斉藤 理恵子さん

12月16日号

飯田 純士(あつと)さん

11月のアジア選手権で水球日本代表として初の金メダル獲得に貢献した

飯田 純士(あつと)さん

12月9日号

森山 恵佑さん

専修大学野球部の主将で、日本ハムへの入団が決まった

森山 恵佑さん

12月2日号

井(いい) 武敏さん

平成28年度かわさきマイスターに認定された

井(いい) 武敏さん

11月25日号

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

川崎区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/