川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月10日号

TARO賞

照屋さんが入選 文化

「一人暮らし」の部屋、絵に

展示中の受賞作と、照屋さん
展示中の受賞作と、照屋さん
 川崎市岡本太郎美術館(枡形)が先月発表した、第20回「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)で、市内から川崎区在住の照屋美優さん(29)=人物風土記で紹介=の作品「ROOM+」が入選した。

 武蔵野美術大学に在学中、一人暮らしをしていた部屋がテーマで、色鉛筆で描いた絵をスキャンして拡大したものが素材に。約5メートル四方の壁面3面にキッチンの絵や抽象的な模様などが広がっている。

 全国各地から集まった今回の応募作品は499点で、26点が入選。入選作は4月9日まで展示中。詳細は【電話】044・900・9898。

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

川崎ブレイブサンダース

ホーム戦をお得に楽しめるシーズンシート・パッケージチケット販売中!詳細はHP

https://kawasaki-bravethunders.com/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎市栄養士会による出前講座

健康講話、そしゃく体験など

044-322-5358

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク