川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

作品「Room+」が、岡本太郎現代美術賞で入選した 照屋 美優(みゆ)さん 川崎区塩浜在住 29歳

日常の光、心地よさ感じて

 ○…先輩や仲間に囲まれ、一人暮らしをしていた学生時代。日常にある光と風、愛着のある家具や食器を素材に、心に広がる自然の風景や抽象的な模様を色鉛筆で表現した。当時から描きためていたスケッチの原画をパソコンにスキャンし、大きく印刷して色鉛筆で仕上げ、5メートル四方の壁面3枚に散りばめている。「こういう風景ってあるよねって、懐かしい気持ちを見る人と共有できたら」

 ○…川崎区塩浜で生まれ育ち、幼い頃からぬり絵が大好きだった。「絵を描いていると集中してのめり込んじゃう。スポーツも一緒」。中学はバドミントン部、高校では卓球部と軽音楽部に所属し、バンドでエレキギターを弾いていた。美術を志すようになったのは、部活を引退した高3夏。デザイン系の予備校で学び、武蔵野美術大学造形学部へ。視覚伝達デザイン学科では、生活や食事をテーマに絵を描き、本にまとめた作品集も制作した。「紙や本が好き。できあがったときの達成感がたまらない」。その思いはずっと変わらない。

 ○…卒業後は2年ほど、大学の研究室でアルバイトをしながら制作を続け、一昨年から作家活動に専念。昨年はルミネのアート賞エレベーター部門で入賞し、年明けから新宿の店内に作品が展示された。「もっと発表して、美術に興味のない人にも、いろんな人たちに見てほしい」という気持ちが、創作へと駆り立てる。「季節感を意識しながら、ある素材を組み合わせて新しいものを作る。絵は料理と似てる」。おいしい料理のように、作品で心地よい空間づくりができればと願う。

 ○…川崎駅前のアゼリアが、幼少から慣れ親しんだ場所の一つだ。施設内には抽象的なアートで彩られている柱があり、「大勢の人たちの日常に触れる、公共の場に作品を展示できたら嬉しい」と瞳を輝かせる。誰もやっていないような表現の可能性――新しい見え方、見せ方を追求しながら、作品をじっくり育てていく。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

川島 哲男さん

川崎市スポーツ賞を受賞した

川島 哲男さん

11月17日号

鈴木 文治さん

障害者とアートに関するシンポジウムで基調講演を行う田園調布学園大学教授

鈴木 文治さん

11月17日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月10日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月20日号

福士 誠治さん

県内で撮影が行われた映画「じんじん 其の2」に主要人物として出演した

福士 誠治さん

10月13日号

有坂ともよさん(本名:上野智世)

シンガーソングライターでかわさき産業親善大使に任命された

有坂ともよさん(本名:上野智世)

10月6日号

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

市民ミュージアム

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

17日、23日、24日

12月17日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク