川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月17日号

高橋元市長語る会に約100人 政治

追悼本発行 足跡振り返る

高橋元市長の思い出話に聞き入る出席者
高橋元市長の思い出話に聞き入る出席者

 元川崎市長で2015年7月3日に90歳で亡くなった高橋清さんの追悼本『〜バブル崩壊の試練の中で〜高橋市政が川崎に遺したもの』(一般社団法人川崎地方自治研究センター発行)の出版記念と同氏を偲ぶ集会が3月12日、川崎区東田町の川崎市労連会館で開かれた。

 高橋さんは市立古市場小学校(幸区)の教員を務め、川崎市教職員組合執行委員長、川崎市助役を経て1989年(平成元年)11月に市長に初当選。2001年(平成13年)11月までの3期12年市政を牽引した。

 一昨年の訃報を受け、市教職員組合や自治労関係者らが同氏の業績や小学校教諭としての横顔などを1冊の本にまとめ、その上で出版記念の追悼集会を開こうと企画し、実行委員会(代表・森山定雄川崎地方自治研究センター元理事長)を立ち上げた。

 この日は高橋さんと縁の深かった約100人の行政、教育関係者や市民らが出席し、市長や教員時代の足跡を振り返った。

 「父を語る」をテーマに登壇した次男の高橋亘大阪経済大学教授は「(市長の)仕事についてあまり語る父ではなかったが時々嬉しそうにしていた。川崎を愛していた」と語った。また、303ページにわたる本を手に「父はこういうことを一番喜ぶ」と述べ「小学校教員だったことを誇りに思っていた。書いてくれことは嬉しい」と感謝した。

 助役として高橋市長を支えた木口榮さんは「政策を出す時『市民目線で考えよ』と言われていたのを思い出す。職員に温かく優しい。中小企業にも手厚く展開した」と懐かしんだ。

 高橋さんの長男・高橋進東大教授(故人)と親交の深かった坪井善明早稲田大学教授は、進氏が提起した市職員の海外研修制度に触れ「研修生の多くがその後、区長や局長を務め市の屋台骨を背負った」と回顧。高橋市政については「日本の地方行政の革新の火を灯した。市民中心の政治を行った」と評した。
 

関連記事powered by weblio


9月8日不動産フェア2017

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

任せて安心セレモニアグループ

市内7区に9施設、信頼の葬儀でシェアNO.1

http://www.ceremonia.co.jp/sousai/index.php

「バンバンなら私もいける!」

本店・ブラッサム・ポラリス・向ヶ丘店―バンバングループに新台一挙23機種登場

http://www.prime777.co.jp/

川崎ブレイブサンダース

ホーム戦をお得に楽しめるシーズンシート・パッケージチケット販売中!詳細はHP

https://kawasaki-bravethunders.com/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

津軽三味線 魂の音色を聴く

8月26日

津軽三味線 魂の音色を聴く

東海道かわさき宿交流館

8月26日~8月26日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/