川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

今秋川崎競馬場で餃子の一大フェス川崎に 全国各地から約70団体が参加

文化

餃子まつりで賑わう会場(2016年宇都宮市開催)と鬼塚保会長
餃子まつりで賑わう会場(2016年宇都宮市開催)と鬼塚保会長

 日本各地の餃子が味わえる「全国餃子まつり」が今秋、川崎に初上陸する。餃子でまちおこしを目指す市内飲食店で組織する「かわさき餃子舗の会」(鬼塚保会長)が中心となり、企業や行政らが連携し、準備を進めている。まつり前日には、餃子文化の発展を目的に「全国餃子サミット」も開催。川崎の餃子を地元や全国の人にPRする好機と同会は捉える。

 餃子まつりは9月23日(土)、24日(日)、川崎競馬場を貸し切って行われる。全国餃子サミット協議会に加盟する9都市ごとの餃子をはじめ、計70団体の餃子や特産品が味わえる。入場券代わりに発行されるパスポートを提示して餃子を買う仕組みで行われる。実行委員会によると、来場者は2日間で約20万人を見込む。開催にあたり、まつり出展者の募集も行う予定。

 「全国餃子まつり」は、市民団体の浜松餃子学会(静岡県)が餃子でまちおこしをする団体に呼びかけ、2010年から浜松市で始まった。これまで福島市や北九州市などで開かれ、昨年の宇都宮市の餃子まつりには約14万人が訪れた。開催は今回で8回目。

 まつり前日にはサミットが開かれ、全国餃子サミット協議会に所属する各団体が集まり、餃子文化の発展や餃子を通じたまちおこしを目指して意見交換する。これまでは餃子でまちおこしする有志の支援などについて話し合われた。

 イベントの実行委員会の中心となる「かわさき餃子舗の会」は、2007年に市内の飲食店18店舗で設立。餃子を広くアピールすることで地域活性化に繋げたいとの思いで立ち上がり、店ごとに違う餃子の味を活かして、タレを統一しようとツケダレの「かわさき餃子みそ」の開発や市内のイベントなどを通じて、餃子のまちとして川崎を盛り上げる。現在は川崎区、幸区、中原区の飲食店が所属している。

 同会は全国餃子まつりに2012年頃から参加。同会の発足当初から他都市と連携して餃子のまちを盛り上げたいとの意向があり、浜松市や宇都宮市から都心での開催を要望する声があったことから開催を決めた。

 鬼塚会長は「イベントの開催で、『餃子のまち・かわさき』として、全国や地元の人にアピールしたい。川崎に来た人に、市内の観光も楽しんでもらえれば。サミットでは、組織の課題などを一つずつ解決していきたい」と意気込む。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

まつり復活で地域一丸

桜本商店街

まつり復活で地域一丸

11月17日号

ヘイト利用に制限指針

川崎市

ヘイト利用に制限指針

11月17日号

奇跡の逆転リーグ制覇へ

川崎Fルヴァン杯準V

奇跡の逆転リーグ制覇へ

11月10日号

高橋投手 福岡SBへ

専大

高橋投手 福岡SBへ

11月10日号

水曜ノー残業9割超

川崎市職員

水曜ノー残業9割超

11月3日号

ギネス超えへ意気込み

5日おむすび握り

ギネス超えへ意気込み

11月3日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク