川崎区・幸区版 掲載号:2017年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

純情小町☆ FC化で全国展開へ 来月から横浜、町田で

文化

川崎の地域活性化に一役買うご当地アイドルグループ「川崎純情小町☆」。地域での知名度も日に日に浸透しているという。(C)ホワイトウルフ
川崎の地域活性化に一役買うご当地アイドルグループ「川崎純情小町☆」。地域での知名度も日に日に浸透しているという。(C)ホワイトウルフ
 ご当地アイドルグループ「川崎純情小町☆」をプロデュースする(株)ホワイトウルフ(高津区・前畑剛代表取締役)がフランチャイズ(FC)方式で全国各地の自治体に「純情小町☆」の名前を冠したアイドルグループを誕生させる。

 川崎純情小町☆は2011年10月、アイドルによる地域活性化をコンセプトに誕生。オリジナル楽曲によるライブ活動を行う傍ら、市内企業の訪問や介護ボランティア、地元企業との商品コラボ活動などに取り組む。川崎市や川崎商工会議所との連携にも力を注ぎ「かわさき産業親善大使」「川崎市環境局3R推進広報大使」をはじめ、数多くの広報大使の委嘱を受ける。

 地域に根差した「ご当地アイドル」が全国各地に誕生し、「アイドル戦国時代」といわれる中、同社は「純情小町☆」の名を冠したアイドルグループをそれぞれの市町村に立ち上げることが川崎市外で存在感を高めると判断。横浜市と町田市の地元企業からコラボしたいとの申し出があったタイミングも重なり、FC方式での展開を決めた。来月から「全国地域活性化計画『純情小町☆プロジェクト』」と銘打ち、事業を本格化させる。

 各地で立ちあがる純情小町☆のメンバー選考には前畑プロデューサーが関わり、楽曲の一部も川崎純情小町☆と同一となるが、オリジナル楽曲も歌い、衣装も和をテイストにしつつ、ご当地カラーを織り交ぜて独自カラーを出す。地域活性につながる取り組みについても、川崎純情小町☆のノウハウを生かしつつ、地域事情を汲んだ活動を行う。将来的には各地の純情小町☆を一堂に会したライブも行いたいとしている。

 前畑さんは「純情小町☆が全国規模で立ち上がり地域に浸透することで日本全体の活力につながると信じている」と意気込む。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

クラブ運営権 DeNAへ

バスケB1サンダース

クラブ運営権 DeNAへ

12月15日号

市財政白書を発行

自治研市職労

市財政白書を発行

12月15日号

見守り活動に手応え

運動会用テントを寄贈

ギネス世界記録を報告

川崎JC

ギネス世界記録を報告

12月15日号

「この景色が見たかった」

フロンターレ

「この景色が見たかった」

12月15日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

脳梗塞テーマに公開講座

脳梗塞テーマに公開講座

12月20日 市立川崎病院

12月20日~12月20日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク