川崎区・幸区版 掲載号:2017年4月7日号

新年度事業を発表 経済

川崎商議所

中山紳一新副会頭
中山紳一新副会頭

 川崎商工会議所(山田長満会頭)は3月24日、2017年度の主要事業計画を発表した。新規事業では、東京商工会議所大田支部とのビジネス交流を深めるため「多摩川流域産業交流協議会」の設立や簿記検定合格者数の日本一、「(仮)KAWASAKIスポーツ・健康会議」「(仮)KAWASAKI未来産業(AI・IoT、ロボット等)会議」「(仮)KAWASAKI医療機器開発会議」の設置などを掲げた。

 同商議所はまた、鈴木直久副会頭が退任し、中山紳一氏を新たに副会頭に選任したことを発表した。

副会頭に中山氏選任

 中山氏は早大卒。1984年、NECに入社し、関西支社総務部長、NECデザイン&プロモーションCSR推進室長兼総務部長、NEC我孫子総務部長、我孫子地区責任者を経て、2017年3月からNEC玉川事業場玉川総務部主幹を務める。
 

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/