川崎区・幸区版 掲載号:2017年5月12日号

「働きやすいまちに」 経済

55団体6500人参加

デモ行進する参加者
デモ行進する参加者

 川崎地域連合などが主催する「第88回メーデー川崎地区大会」が先月29日、富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)で開かれ、市内の労働組合55団体約6500人(主催者発表)が参加した。

 今年のメインスローガンは「長時間労働の撲滅、ディーセント・ワークの実現 今こそ 底上げ、底支え」と「格差是正の実現に向け、勤労者と市民の力を結集しよう!」。あいさつに立った綱島和彦実行委員長(川崎地域連合議長)は、正規社員と非正規社員の格差が広がっていることや子どもの約6人に1人が貧困のもとで暮らし、過労死が後を絶たないといった現状を指摘。「メーデーは働くことの尊厳を働く者同士が確かめ合い、社会にアピールする場」と強調し「川崎でより働きやすく、充実した安心して暮らせる社会のために発信していたい」と意欲を示した。

 来賓として出席した福田紀彦市長は「川崎市役所も長時間労働の改善に取り組んでいる。他人事ではない」と述べた上で、「住んで働きやすい川崎にしていく」ために、川崎地域連合とともに働き方の改革に取り組むことを誓った。

 式典前にはデモ行進が行われ、参加者は稲毛公園(川崎区宮本町)から出発。川崎駅前や新川通りなどで「全ての処遇改善を」「ワーク・ライフ・バランスの実現を」「安心、安全の社会保障制度を目指そう」などと、シュプレヒコールを上げた。
 

あいさつに立つ綱島実行委員長
あいさつに立つ綱島実行委員長

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

東漸寺墓苑 限定区画販売

高級型墓石付き墓地 すべて込みで128万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/