川崎区・幸区版 掲載号:2017年5月12日号

川崎警察署長に就任した

花家(はないえ) 憲也さん

幸区在住 57歳

貫く正義、にじむ優しさ

 ○…「オール川崎署」を合言葉に、署員約350人の指揮を執る。合言葉には「防犯や交通など自分の分野だけにとらわれず、署員一丸となって協力し合う」という意味を込める。「地域住民はもちろん、買い物客や観光客も安心できるよう、安全安心のまちを目指し、あらゆる面でできることをやっていく」と意気込みを語る。

 ○…「みんなのためになる仕事をしなさい」と父親の教えに背中を押され、大学卒業後に県警入り。成田空港に建設中のターミナルで反対派の警備をした。沖縄サミットでも警備を行い、市民を守るという使命感に溢れた。積み上げてきたキャリアを基に、次は自分が人のためになる警察官を育てていこうと、後輩の育成にも力を注いだ。警察学校の教官や中原区の第二機動隊隊長も務め、個々の能力を引き出してチームで活かすことを念頭に置いた。できないときは、まず話を聞いて、得意なことから挑戦させる。「ただ怒るだけではだめ。育てるには大切なこと」

 ○…「若い頃に比べると、まちがきれいなった」と川崎区の印象を語る。川崎大師は、第二機動隊時代に年越しの警備をした思い出深い場所。愛妻家で今は毎年、夫人と共に初詣に出かけている。「これまで家のことは任せっきりだったぶん、今はなるべく一緒にでかけているね。妻の趣味のご朱印帳巡りや、六郷渡しから生麦まで東海道を歩くスタンプラリーにも参加しているよ」と、顔をほころばせながら語った。

 ○…子どもの頃から父親に教わった柔道は、今も現役で六段の腕前。得意技は「内股」や「大外狩り」。プライベートで昨年、約500人が出場する大会に道場仲間と参加した。25年前から通う横浜の道場では、子どもたちに「まずは柔道を『面白い』と感じてほしい」と師範と一緒に指導する。署員や子どもたちの成長を願う優しい眼差しに溢れる署長だ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

綿井 健陽(たけはる)さん

イラク戦争などの戦地で映像を撮り続けるフリージャーナリスト・映画監督

綿井 健陽(たけはる)さん

5月19日号

猿渡(さるわたり) 成(なるみ)さん

来月世界選手権に臨むフロアボール男子U―19日本代表に選ばれた

猿渡(さるわたり) 成(なるみ)さん

5月5日号

石渡 伸幸さん

幸区長に就任した

石渡 伸幸さん

4月21日号

海老原 宏美さん

進行性難病を患いながら自立生活を送り、全国で講演する

海老原 宏美さん

4月14日号

郡司 浩平さん

3月20日に高松競輪場で行われたGIIレース「ウィナーズカップ」で優勝した

郡司 浩平さん

4月7日号

藤原 英明さん

国立天文台ハワイ観測所に勤め、かわさき宙と緑の科学館で講演した

藤原 英明さん

3月31日号

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/