川崎区・幸区版 掲載号:2017年5月12日号

力作265点ずらり 文化

國藝書道院公募展

熱心に作品を鑑賞する人たち
熱心に作品を鑑賞する人たち
 書道団体「國藝書道院」の第41回公募展が5月3日から7日までアートガーデンかわさき(川崎区駅前本町)で開かれ、期間中、大勢のギャラリーが会場に足を運んだ。

 國藝書道院は書家の齋藤香坡氏が主宰し、横浜市港北区に本部を置く。横浜市、川崎市など県内各地のほか、千葉県や京都府、大阪府、兵庫県、岡山県に支部を構える。

 公募展には265点の作品が展示。縦136センチ、横35センチの「半切」サイズに漢字やかなを草書、楷書で表現した力作が並んだ。齋藤会長によると、これまで「二×八」サイズ(縦60センチ、横242センチ)で公募展を行っていたが、今回は出品者の技量が分かる半切での展示に踏み切ったという。「それなりにまとまった作品が揃った」と一定の手ごたえを感じた様子だった。

 審査会員の中から選ばれる大賞には望月秀華さんが受賞した。準大賞は金剛琢蒼さん、吉田峰翠さんだった。

関連記事powered by weblio


川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/