川崎区・幸区版 掲載号:2017年5月19日号

ヘイト対策

公的施設利用に歯止め 社会

川崎市がガイド案骨子 



 川崎市は在日コリアンをはじめとした外国人へのヘイトスピーチ(憎悪と差別の扇動表現)対策の一環として、公的施設の利用に一定の歯止めをかけるガイドライン案の骨子(要点)をまとめ、市議会文教委員会に示した。

今秋策定目指す

 骨子によると、都市公園や市民館、指定管理者施設などの公的施設で「不当な差別的言動が行われる恐れが客観的な事実に照らして具体的に認められると判断される」場合、申請者に対し「警告」「条件付き許可」「不許可」「許可の取り消し」のいずれか公的施設側からが出される。 

 不当な差別的言動は、ヘイトスピーチ解消法第2条に定める言動を指し、申請書や集会の宣伝内容などから判断する。「不許可」や「許可の取り消し」が必要だと判断した場合、識者などで構成される第三者機関に意見を求める。

 市によると、公的施設の利用は、表現の自由に配慮し、許可が原則で安易な規制は避けなければならないとしている。一方で「川崎市の基本的な姿勢を示すことで(ヘイトスピーチが行われない)社会的気運を醸し出していかねばならない」と、ガイドラインの必要性を訴える。

 今後は6月下旬にガイドラインの具体案を示し、7、8月頃にパブリックコメント(市民からの意見公募)を実施。今秋の策定を目指すとしている。

 市によると、ガイドラインの策定は全国の自治体で初となる。

市民団体

人種差別撤廃条例求め集会

 市民団体「ヘイトスピーチを許さない かわさき市民ネットワーク」はヘイトスピーチ解消法公布施行1周年を記念し「川崎市に人種差別撤廃条例の早期制定を求める市民の集い」を6月4日(日)、エポック中原(川崎市総合福祉センター)7階大会議室で開く。

 「ヘイトスピーチ解消法施行後の各地の取り組みと今後のロードマップ」をテーマに師岡康子弁護士が講演。神奈川弁護士会の報告や今後の活動提起などの発表もある。

 午後6時30分から8時30分。入場無料。

 問い合わせは同会Eメール(nohatekawasaki@gmail.com)。

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

深瀬家長屋門(ふかせけながやもん)が市文化財に

手作りの神紋奉納

川崎の名匠久保田さん

手作りの神紋奉納

7月14日号

川崎 激戦東地区に

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に

7月7日号

戦犯受刑者の手記発見

明長寺

戦犯受刑者の手記発見

7月7日号

ヘイトとの闘いを本に

子育てテーマに病院タッグ

協同・臨港

子育てテーマに病院タッグ

6月30日号

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/