川崎区・幸区版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

川崎アゼリアの代表取締役社長に就任した 大村 研一さん 横浜市都筑区在住 60歳

穏やかさに秘める使命感

 ○…「市民の期待に応えるのが役所の仕事、お客様の期待に応えることが今の仕事。違和感は全く感じない」。川崎市役所勤めを終え、創業30年を迎えた川崎アゼリアの社長として、この夏から陣頭指揮を執る。同施設は昨年、全面リニューアルをし、川崎の重要施設として益々注目されている。「アゼリアは商業施設としてだけでなく、災害時における一時滞在施設としての役割もある。川崎東口の活性化、発展には不可欠な存在であり、大きな責任を感じている」と穏やかな口調の中に川崎の顔を盛り立てようという意気を感じる。

 ○…大学卒業後、川崎市に奉職。港湾局で働き始めた当初、東扇島の埋め立て地を倉庫会社に分譲し、次の埋め立ての費用に充てるという仕事をしていた。当時の活動によって東扇島は冷凍冷蔵倉庫の集積地となっていく。そして、30年以上を経て港湾局長として川崎港に定期航路を誘致する際、その冷凍冷蔵倉庫の集積地であるということが、セールスポイントになった。「若いころの仕事が後になって役に立ったことが、とても嬉しかった」という。

 ○…茨城県生まれ。父親の仕事の関係で、東京、静岡、大阪、東京、横浜と転々とした。大阪時代、中学1年生から2年生になる春休みの時期に大阪万博が開幕した。「会場まで歩ける所に住んでいて、毎日のように足を運んでいた」と当時を懐かしむ。現在は夫人と二人暮らし。昨年、孫が生まれ、おじいちゃんになった。孫の世話をすることが楽しくて仕方ないと目を細める。

 ○…自身を実直でコツコツやるタイプと分析する。モットーは「信頼を尊び、責任を重んずる」。真面目を絵に描いたような人柄と穏やかな語り口は誰をも安心させる。「社員の気質を重んじ、モチベーションを高めていけるよう、対話を大切にし、一緒に考えていきたい」と社長としての抱負を語った。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

川島 哲男さん

川崎市スポーツ賞を受賞した

川島 哲男さん

11月17日号

鈴木 文治さん

障害者とアートに関するシンポジウムで基調講演を行う田園調布学園大学教授

鈴木 文治さん

11月17日号

高野 繁さん

日本眼科医会の会長で、2017年度「川崎市社会功労賞」を受賞した

高野 繁さん

11月10日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月20日号

福士 誠治さん

県内で撮影が行われた映画「じんじん 其の2」に主要人物として出演した

福士 誠治さん

10月13日号

有坂ともよさん(本名:上野智世)

シンガーソングライターでかわさき産業親善大使に任命された

有坂ともよさん(本名:上野智世)

10月6日号

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

市民ミュージアム

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

17日、23日、24日

12月17日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク