川崎区・幸区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

シンガーソングライターでかわさき産業親善大使に任命された

有坂ともよさん(本名:上野智世)

幸区下平間出身 31歳

音楽の力で心を癒す

 ○…シンガーソングライターとしてCD・DVDをリリースし、メディアにも多く取り上げられている。川崎銀座街でのストリートライブなど川崎を活動の拠点にしてきて、かわさき産業親善大使に任命された。パンチの効いた歌声とはギャップのある笑顔と明るい声が印象的。「全国どこでライブをしても川崎出身で、川崎が音楽の街であることをPRしてきた。そんな活動が評価されて選ばれたことは素直に嬉しいです」

 ○…ピアノ講師の母親の影響で2歳から音楽教室に通った。半ば強制だったこともあり小学6年でいったん音楽から離れたという。市立川崎商業高校(現幸高校)2年の時、カラオケでオペラをやっている友人の歌を聴き、「その声量と歌の説得力に歌は魔法だと思った」という。人生が変わった瞬間だ。歌の魅力に取りつかれ、再び音楽への道を歩き出す。「音楽には心にスッと入っていく癒しと、人を元気にする力がある」

 ○…2011年にストリートライブを始め、翌年にはカワサキストリートミュージックバトルIVでグランプリを獲得。順風満帆に思われたが、認めてもらいたい人に技術が足りないと指摘され、更なる成長を求めロサンゼルスに音楽留学をした。音楽の基礎がつまったJAZZを学んだ。「知らない事が多すぎた。音楽の幅が広がったし、ピアノの腕前も成長した。英語の壁には最初は苦労しましたけどね」と留学の成果を語る。

 ○…帰国後はスタンダードナンバーを歌うJAZZシンガーとして、またオリジナルを歌うシンガーソングライターとしてステージに立つ。「川崎は商店街が熱い。新しい建物もあるけど、昔からのお店もあって、新旧が共存するいい街。JAZZイベントもあり、JAZZを学んできた自分とは息が合う」と川崎への思いを語る。「今後はJAZZナンバーのアルバムや、オリジナルCDも出す予定。発売したらライブをやって多くの人に音を届けたい」

関連記事powered by weblio


川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月20日号

福士 誠治さん

県内で撮影が行われた映画「じんじん 其の2」に主要人物として出演した

福士 誠治さん

10月13日号

石渡 美彌子さん

アートガーデンかわさきで「押し花サロン シンフォニー」15周年記念作品展を開く

石渡 美彌子さん

9月29日号

福吉 節男さん

川崎臨港警察署署長に就任した

福吉 節男さん

9月22日号

大村 研一さん

川崎アゼリアの代表取締役社長に就任した

大村 研一さん

9月15日号

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

川崎区で開催、世界最高峰のブレイクダンス・バトル『Red Bull BC One』の日本代表に決定した

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

9月8日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク