川崎区・幸区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

踏切地蔵尊で供養会 近隣住民らが参加

社会

地蔵尊に手を合わせる参加者(右)
地蔵尊に手を合わせる参加者(右)
 塚越踏切(幸区)の横にある地蔵尊で9月25日、同踏切の事故で亡くなった人を供養する「踏切地蔵尊供養会」が行われた。

 近隣住民によると約50年前、同踏切では遮断機も無く、下駄やリヤカーが引っかかり、電車と接触して亡くなる事故が多発。亡くなった人を供養しようと、当時の塚越婦人会が地蔵尊を祭った。

 その後、3月と9月の彼岸に合わせて毎年、供養会を開催。現在は、塚越1から4丁目の町内会や、同町内会の老人クラブ、古川小、塚越中、遺族らが参加している。

 当日は塚越の東明寺住職が供養に訪れ、近隣住民らが一人一人地蔵尊に手を合わせ、亡くなった人を偲んだ。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

市民ミュージアム

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

17日、23日、24日

12月17日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク