川崎区・幸区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

北の湖銅像が建立 川崎大師平間寺に

社会

小畑氏(中央右)が銅像をお披露目
小畑氏(中央右)が銅像をお披露目
 第55代横綱で2015年に死去した北の湖日本相撲協会前理事長の銅像が1日、川崎大師平間寺に建立され、除幕式で披露された。

 銅像は、高さ205センチ、重さ900キロで、八角五重塔の正面に設置。北の湖が亡くなってから、11月に三回忌を迎えるにあたり、夫人の小畑とみ子氏から銅像奉納の提案があり、同寺が賛同したことから建立が実現した。

 同寺の檀徒だった北の湖は、横綱昇進時の化粧回しや1977年3月場所で全勝優勝した際の優勝額を同寺に奉納。1985年からは毎年参詣、10年に一度の大開帳奉修にも訪れていた。化粧回しは毎年正月に信徒会館1階で、優勝額は金剛閣に常時展示されている。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

市民ミュージアム

川崎ゆかりのゴジラ限定上映

17日、23日、24日

12月17日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク