川崎区・幸区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

朝鮮文化を満喫 文化

桜本で大交流祭

来場者と一体で盛り上がるプンムルノリのステージ
来場者と一体で盛り上がるプンムルノリのステージ
 朝鮮半島の食や伝統芸能に触れる「第14回大交流祭」が8日、川崎朝鮮初級学校(川崎区桜本)で開かれた。

 ステージではテコンドーの実演や朝鮮舞踊、擦弦楽器「ソヘグム」が披露。農楽「プンムルノリ」のステージでは楽器のリズムに合わせ、手拍子や体を動かす人の姿があった。

 飲食コーナーではオモニ(お母さん)特製のキンパッ(朝鮮のり巻き)、チヂミ、煮込みなどが販売され、来場者は伝統の味を堪能していた。

 今年は子どもたちによるフットサル大会も開かれたほか、川崎の農産物が販売され「国際交流イベントの幅が広がりをみせた」と黄景哲実行委員長は手ごたえを感じた様子。今後もイベントを通じ、「朝鮮学校を身近に感じてもらえれば」とも語った。

関連記事powered by weblio


川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク