幸区版 掲載号:2016年2月19日号

(PR)

花粉の飛散ピーク到来初期療法が効果的

新川崎スクエア3F たけお眼科

 いよいよ迎えた花粉症シーズン。今年のスギ花粉の飛散ピーク予測は3月上旬〜中旬ごろで、神奈川県の飛散量は前年よりやや多いという。花粉症対策について、JR横須賀線・新川崎駅と南武線・鹿島田駅からすぐのところにある新川崎スクエア3階のたけお眼科・竹尾悟院長に話を聞いた。

 「この時期になると、目のかゆみ、充血、しょぼしょぼするなど、花粉症と思われる症状で悩む方が多くいらっしゃいます。症状が出てしまってから受診される方が多いのですが、実は花粉症には初期療法がとても効果的で、発症を遅らせたり、症状そのものを緩和する事ができます。『目の調子がいつもと少し違うな』といった場合は早めに専門医に相談するのが良いでしょう。また、花粉症だと思って受診された患者様が、はやり目(流行性角結膜炎)だった、といったケースもありますので、注意が必要です」と話す。同院では患者ひとりひとりの症状に合わせて点眼薬だけでなく、飲み薬、鼻炎薬を併用しトータルで治療を行う。アレルギー検査による、具体的な原因の把握も可能だ。

小さい子どもの花粉症が増加

 花粉症に悩む子どもが年々増えているという。アレルギー症状が重くなる前の早めの受診が理想的。同院では、20分ほどで結果がわかるアレルギー検査も行っており、スギ花粉だけでなく、代表的なその他の原因物質についても調べることができる。

患者目線で診療する「みなさまの眼科医」

 同院は誰でも気軽に訪れることのできる「みなさまの眼科医」をめざし、小さな子どもからご高齢の方まで、幅広い医療の提供を行っている。コミュニケーションを大切にし、患者目線の診察を心がける。

 竹尾院長は「地域のかかりつけ医として、小さな悩みでも気軽に相談できるような、身近で親しみのある医療サービスを提供したい」と話す。

たけお眼科

神奈川県川崎市幸区鹿島田1―1―3 新川崎スクエア3F

TEL:044-201-7226

http://www.takeo-ganka.com

幸区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/