さがみはら中央区版 掲載号:2013年2月7日号

本格的な流行期に 社会

市内インフル 患者数増

 相模原市の疾病対策課は1月30日、定められた医療機関を受診したインフルエンザの患者数が、1月第4週(21日から27日まで)の期間に流行警報レベルの30人を超え41・49人に達したと発表した。

 インフルエンザの患者数は最近6週間で連続して増加していたが、この週は前週の23・67人を大きく上回り、インフルエンザが本格的な流行期を迎えたことを示した。

 また、昨年の9月3日から統計が始まった今シーズンのインフルエンザによる市内小中学校等における学級閉鎖の累計も1月29日までで延べ93学級、欠席者数は754人となっているが、警報レベルを超えた第4週だけで学級閉鎖は延べ57学級、欠席者数は455人にのぼる結果となった。

 インフルエンザが本格的な流行期に入ったことを受けて疾病対策課では、「乳幼児や高齢者、基礎疾患のある方など、感染により重症化するおそれが高い方もいます。手洗いの習慣化や咳エチケットの徹底を行い、感染が疑われる場合には、適切に医療機関を受診して感染拡大を防ぐことが重要」と注意を呼び掛けている。
 

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガラスいろいろ

ガラスいろいろ

スペース游で作品展

5月31日~6月4日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/