さがみはら中央区版 掲載号:2014年7月31日号

相模原市陸上競技協会

小学生3人が全国へ

 県で100m・走り幅跳び優勝

全国大会に出場する北野さん、石田くん、正岡くん(左から)
全国大会に出場する北野さん、石田くん、正岡くん(左から)
 全国小学生陸上競技交流大会の神奈川県予選会が7月12日、BMWスタジアム平塚で開催され、石田爽太(そうた)くん(谷口台小6年)、正岡悠(ひさし)くん(作の口小6年)、北野友美さん(鶴の台小6年)の3人が6年生男子100m、男子走り幅跳び、女子走り幅跳びでそれぞれ見事優勝し、全国大会への出場を決めた。3人は相模原市陸上競技協会(神藤昭嘉会長)が主宰する小学生の陸上教室に所属。相模原市内から3人が同大会へ出場をするのは今回が初。

 同大会は、各都道府県の予選会(16種目)を勝ち抜いた小学5・6年生が出場できる、小学生年代では最大規模を誇る大会だ。県予選会には各地から約800人がエントリー。相模原陸上教室からも19人が出場した。

 昨年、県予選会の5年生男子100mで優勝し、全国大会に出場していた石田くんは「勝てる自信があった」と予選から他を寄せ付けない走りで勝ち抜き、決勝では自己ベストには及ばなかったものの13秒17で優勝。男子走り幅跳び(5・6年生共通)に出場した正岡くんは、大会で同種目に出場するのは初ながらも「調子が良かった」と、4m20を跳び、初優勝を飾った。女子走り幅跳び(5・6年生共通)に出場した北野さんは、市民大会の同種目でも優勝しており、「自信はあった」と自己ベストの4m24をマークし、初の全国大会出場を決めた。

 全国大会は、8月22日・23日に日産スタジアム(横浜市)で行われる。石田くんは「去年は決勝まで行けなかったので今年こそは行きたい」と抱負を語る。初の全国大会に出場する正岡くん、北野さんは「決勝まで残って1位になれるように頑張りたい」「自己ベストでは決勝に行けないので、たくさん練習して優勝できるように頑張りたい」と意気込みを見せている。

 同協会の陸上教室は、小学生を対象に競技の普及・競技レベルの強化を目的に、22年前に発足。現在は約220人が所属する。神藤会長は「協会、保護者が協力して、遊びを通じて育ちあい、交流の場にもなってきた。年々教室に来てくれる子どもも増え、普及にも繋がってきた。今回3人が全国大会出場を決め、教室のOB・OGも中学、高校で全国大会に出場するようにもなり、手ごたえを感じている。これからも夢のある子どもたちを応援していきたい」と話している。

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

整備活動でW(ダブル)受賞

道正山(どう しょう やま)るーたんの森

整備活動でW(ダブル)受賞

1月19日号

上溝、商店街大賞に輝く

西門オブジェ 改修へ一歩

青学3連覇  地元も応援

観光ツアー  1千通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1千通り準備

1月5日号

4月暫定供用めざし着工

(仮)南北道路

4月暫定供用めざし着工

1月5日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/