さがみはら中央区版 掲載号:2016年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

国道16号町田立体13年かけ4月に開通渋滞緩和に期待

社会

 国道16号と国道246号の交通渋滞緩和と沿道環境の改善を図るために、2002年度から工事が進められてきた町田市鶴間の「東名入口交差点」立体交差が、4月下旬に開通する見通しとなった。

 工事を担当する国土交通省川崎国道事務所によれば、4月下旬に開通するのは町田市鶴間の国道16号・通称「町田立体」で、延長は2・1Km。国道16号と国道246号が交差する東名入口交差点付近を高架化し、横浜市で既に開通している保土ヶ谷バイパスと直結する自動車専用道路となる。幅員21mの4車線道路で、国道246号の立体交差の上を通るため、最大高は地上約17m。あわせて導入空間確保に向けた国道16号の幅員拡幅も進められている。

 この町田立体事業の都市計画決定は1969年3月。その後2001年11月に都市計画変更がなされ、翌02年度に着工された。

 町田市鶴間周辺は慢性的な渋滞地点とされる。国土交通省が06年度に行った調査によれば、相模原市から国道16号を横浜市に向かう場合、国道246号と交わる東名入口交差点を起点にした最大渋滞長は約3Km、通過時間は28分だった。

 町田立体開通により、南町田北交差点から横浜町田ICまでの所要時間が6分短縮されるという民間企業の試算も出ている。また渋滞を避けるため周辺の生活道路へ迂回していた車両の減少も見込まれ、居住環境改善の効果も期待される。今後は立体部分と東名横浜町田インターを結ぶ連絡路も設けられる予定だ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

米で日本の魅力プレゼン

弥栄高生徒23人

米で日本の魅力プレゼン

11月16日号

給付型奨学金創設へ

相模原市

給付型奨学金創設へ

11月16日号

市、ブラジルに高校生派遣

小林消防士長が最優秀賞

県安全運転競技大会

小林消防士長が最優秀賞

11月9日号

市PRへ インスタ開始

塩見選手(区内出身)ヤクルト4位に

プロ野球 ドラフト会議

塩見選手(区内出身)ヤクルト4位に

11月2日号

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク