さがみはら中央区版 掲載号:2016年3月31日号

国道16号町田立体

13年かけ4月に開通 社会

渋滞緩和に期待

 国道16号と国道246号の交通渋滞緩和と沿道環境の改善を図るために、2002年度から工事が進められてきた町田市鶴間の「東名入口交差点」立体交差が、4月下旬に開通する見通しとなった。

 工事を担当する国土交通省川崎国道事務所によれば、4月下旬に開通するのは町田市鶴間の国道16号・通称「町田立体」で、延長は2・1Km。国道16号と国道246号が交差する東名入口交差点付近を高架化し、横浜市で既に開通している保土ヶ谷バイパスと直結する自動車専用道路となる。幅員21mの4車線道路で、国道246号の立体交差の上を通るため、最大高は地上約17m。あわせて導入空間確保に向けた国道16号の幅員拡幅も進められている。

 この町田立体事業の都市計画決定は1969年3月。その後2001年11月に都市計画変更がなされ、翌02年度に着工された。

 町田市鶴間周辺は慢性的な渋滞地点とされる。国土交通省が06年度に行った調査によれば、相模原市から国道16号を横浜市に向かう場合、国道246号と交わる東名入口交差点を起点にした最大渋滞長は約3Km、通過時間は28分だった。

 町田立体開通により、南町田北交差点から横浜町田ICまでの所要時間が6分短縮されるという民間企業の試算も出ている。また渋滞を避けるため周辺の生活道路へ迂回していた車両の減少も見込まれ、居住環境改善の効果も期待される。今後は立体部分と東名横浜町田インターを結ぶ連絡路も設けられる予定だ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

4月から会費を無料化

相模原市ファミサポ

4月から会費を無料化

3月23日号

「最期」を支える新たな試み

いざ、1部の舞台へ

ノジマステラ神奈川相模原

いざ、1部の舞台へ

3月16日号

認知症支援、多様性に課題

キャラバン・メイト連絡会

認知症支援、多様性に課題

3月16日号

ブラジル、相模原市を検討

東京五輪事前キャンプ地

ブラジル、相模原市を検討

3月9日号

国の防災大賞を受賞

光が丘独立防災隊

国の防災大賞を受賞

3月9日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江成常夫さん写真展

江成常夫さん写真展

光と緑の美術館で開催中

3月4日~4月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/