さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月5日号

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1千通り準備 政治

ラグビーW杯・五輪視野に

インタビューに答える黒岩祐治知事
インタビューに答える黒岩祐治知事

 2017年の新年にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事はラグビーW杯、東京オリパラへ向けての観光施策や、未病に関する取り組みなどを語った。(聞き手・露木敏博)

 ―今年の主要施策についてお聞かせください

 「2019年ラグビーW杯、20年東京オリパラに向けての準備を加速させること、未病コンセプトのグレードアップをさらに進めていくことなどが主な取り組みです。今年秋には2回目の未病サミットが開催されます。これを機にWHOともタッグを組み未病を改善する取り組みを国際的な広がりにつなげたいと考えております。人生100歳時代を見据え、シルバー世代の起業を支援する取り組みなども進めます」

 ―ラグビーW杯、東京オリパラに向けた観光施策についてお聞かせください

 「点在する様々な観光資源をブラッシュアップし、1000通りの観光ツアーを準備する予定です。例えば芸術文化の魅力を発信するマグネット・カルチャーや商店街のツアー、横浜、鎌倉、箱根に次ぐ第四の観光の核を目指す三崎・城ケ島、大山、大磯なども組み入れます。今まで点だった観光資源をまとめあげ、海外から訪れる方へ神奈川ならではのおもてなしを行いたいと思います。五輪では神奈川県がセーリング、野球/ソフトボール、サッカーの会場になります。特にセーリングが江の島で行われることは悲願でした。改めてセーリングの聖地となるようレガシーにしていきたい。多くの人がセーリングに親しむような環境を作っていくとともに、神奈川の海の魅力を発信していきたいと思います」

 ―県は健康寿命日本一をめざすと宣言しています

 「神奈川県は高齢化の進展が全国的に見ても非常に速い。現在のシステムがやがて持ちこたえられなくなることは明らかです。県では未病を改善するというコンセプトを提唱しています。健康な状態を白、病気の状態を赤とすると、白から赤へのグラデーションの部分が未病です。『食』『運動』『社会参加』の3要素を科学的に取り組み、未病を改善することで健康寿命を延ばし、誰もが健康で幸せに暮らせる社会を目指そうというものです。明確なメッセージとして、健康寿命日本一という言葉を発信しました」

 ―新たな未病産業の創出に向けて、その成果はいかがですか

 「医療関連産業というと様々な規制がかかりますが、未病産業となると規制の壁が取り払われ、ビジネスチャンスが広がります。我こそ未病産業と手を挙げる企業がたくさん現れ、新たなテクノロジーの研究や商品開発が盛んに行われています。声の分析によって心の未病状態がわかるといった技術、病気にならないことがインセンティブになるような保険商品の出現などもその成果です。未病産業研究会への加盟社は毎回増え、現在410社を超えました。超高齢化社会という大きな課題を乗り越えるプロセスによって、経済のエンジンを回していきたいと思っています」

 ―県民に新年のメッセージをお願いします

 「昨年はつらく悲しい事件がありました。悲しみを力にして前に進めていきたい。県民の皆様が健康で朗らかに過ごせるような神奈川を作っていきたいと思っています。明るい高齢社会を目指し、頑張っていきましょう」
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

ニューシティRC(ロータリークラブ)が誕生

台風被災支援に「感謝の会」

市内在住比団体

台風被災支援に「感謝の会」

5月18日号

民間移譲、着々と

藤野芸術の家

民間移譲、着々と

5月11日号

待機児童 3年連続ゼロ

相模原市

待機児童 3年連続ゼロ

5月11日号

「住民主役」のまちづくりを

中央区長インタビュー

「住民主役」のまちづくりを

5月4日号

登録希望者 約4倍に

相模原市ファミサポ

登録希望者 約4倍に

5月4日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/