さがみはら中央区版 掲載号:2017年2月16日号

ひな人形300体 優美に展覧 文化

資料館で3月3日まで

時代により顔つきや顔形が異なるひな人形
時代により顔つきや顔形が異なるひな人形
 3月3日の桃の節句にあわせて、相模田名民家資料館(田名4856の2)では「ひな人形展」が開催されている。

 同展では、市民などから寄贈されたひな人形が300体ほど飾られ、見る人の目を楽しませている。人形は江戸時代中期から昭和60年頃までのもので、今回は現代では珍しい京の御所・紫宸殿を模した「御殿雛」も5基、展示されている。

 同館によると、昨年は期間中に約1000人が来場し、横浜や平塚など遠方から訪れた人もいた。中には毎年、家族で写真撮影に訪れている人もおり、地域の恒例行事となっている。

 展示期間は3月3日(金)まで。期間中は毎日開館している。2月25日(土)・26日(日)、3月3日(金)には、甘酒が振る舞われる。開館時間は午前10時から午後4時まで。入館無料。詳細・問合せは同館【電話】042・761・7118へ。

ひな人形展

2017年2月16日〜2017年3月5日

10:00開始 〜 16:00終了

神奈川県相模原市相模田名民家資料館

費用:無料

問い合わせ先:同館

TEL:042-761-7118

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/