さがみはら中央区版 掲載号:2017年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

相模原映画 順調に撮影

文化

市内ロケは3月まで実施

 相模原市を舞台とした相模原オールロケの映画「ホペイロの憂鬱」の制作が着々と進められている。同映画は相模原のサッカーチーム「ビッグカイト相模原」に所属し、選手の身の回りの管理を受け持つホペイロ(ポルトガル語で用具係の意味)を描いたほのぼのとしたミステリー。

 相模原市民会館での撮影となった15日は、原作者の井上尚登さんが激励のために訪問。初めて撮影中の現場を訪れた井上さんは撮影の様子に興味津々で、写真に収めるなどして笑顔を見せていた。

 市内南区に住む井上さんは2年前に自身の作品の映画化が浮上してから状況を見守っていたといい、「リアリティがなかったが、撮影を見て実感してきた」と話すと、映画について「相模原が楽しいまちだと感じてほしい」と期待感を示した。15日当日は「地元に支えられているサッカーチーム」という設定から、道行く人々にサポーターがチラシを配る場面の撮影が行われ、多くのエキストラが参加し、熱い演技を見せた。中には主演の白石隼也さんを追いかけて奈良県から駆けつけたファンもいた。

 18日にはクラブハウスの場面として、上溝の旧畜産振興協会事務所で撮影。白石さん、ヒロインでチームの広報役を演じる水川あさみさんが本紙のインタビューに応じた。

 水川さんは、チームを大きくすることや選手をアピールする上での広報の役割、大切さを踏まえ、「選手やスタッフのことを考えたり、(ストーリー上の)チーム設立からの熱い思いに注目してほしい」とPR。サッカーについては詳しくなかったが、役を演じるにあたり勉強したという。女性の広報という体力的な厳しさも想定しながら演じている水川さんは、相模原の印象について、「都会過ぎず、田舎過ぎない、落ち着いた雰囲気のある街だなと思う」。映画については「サッカーを通じて描かれる、様々な人間ドラマ」と表し、「(共演の)佐野史郎さんなどから意見をもらいながら皆で撮影を進めている。相模原の皆さんに地域愛を感じてもらえたら」とした。

 白石さんは小学校から高校(東海大相模高出身)までサッカー部に所属するなど豊富なサッカー経験を持つ。今回のホペイロについても実際にホペイロを職とする人に取材し、イメージをつかんだ。その意味で、「スパイクの手入れ、選手とのコミュニケーションなど用具係や裏方の世界を知ってもらえたら。様々な仕事に通じる部分もあるはず」と注目点を紹介する。加えて高校時代を過ごした相模原を「第2の故郷」と表現し、「改めて広い土地、そして家族層が多い。アットホームな相模原。なつかしかった」と感慨深げ。読者には「この映画で相模原が活性すれば、相模原に恩返しできるのではないかと思う」と話し、映画の成功を誓った。

 撮影は3月中旬まで続けられる見通し。
 

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク