さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月9日号

伝える、勝利への「熱き思い」 スポーツ

〜川口選手、相模原での2年目の挑戦〜

 日本代表としてワールドカップでも活躍した川口選手は、高校の先輩にあたる望月重良代表の誘いを受けSCに加入した。

 昨季は、開幕直前に負ったケガの影響で出遅れ、初めてピッチに立ったのは8節・秋田戦。初戦こそ不安定さもあったが、その後は日本代表を何度も救ってきたスーパーセーブを連発し守備陣を牽引した。11節・鳥取戦でも好守で勝利に貢献すると、チームは初の単独首位に浮上。「前半戦はそれなりに納得のいくプレーが出来ていた」と話すように、順調なスタートを切った。

 しかし、敵地に乗り込んだ12節・大分戦で0対3の完敗。ドーム型の競技場が持つ独特な雰囲気の中で、熱狂的な相手サポーターに圧倒された。「あの試合では力の差を見せつけられた。そこから巻き返すことが出来ればよかったですが、一度外れた歯車を戻すことができず終わってしまった」。この大分戦を境にチームは停滞。その中で、必死にプレーを続けるも結果が伴わず、終盤には藤吉皆二朗選手にポジションを譲った。

 個人としても悔しさが残った昨季を、「もっと勝負に対するこだわりを持つ必要があった。勝っているときは良いですが、負けているときにどう切り替え、次に向かっていくか」と振り返る。そして、今季に向けては「J3には『降格』が無いので下位にいると試合へのモチベーションが難しい。常に上位につけ、緊張感を維持していきたい」と意気込む。

競争制し再び守護神へ

 2年目の開幕まで約1週間となった3日の練習後、「コンディションは上がってきているので、開幕には間に合いそうです」と、手応えを口にした。今季は藤吉選手、新加入の大畑拓也選手とのポジション争い。「二人とも若くて真面目なので、もっと練習すれば上に行ける可能性がある」とその潜在能力を評価する。だが、ゴール前を空け渡す気はない。「まだまだ、プロとしてチームの勝利に貢献できる自信があります」

 今季、背負うのは背番号「1」。43歳を迎える守護神の熱い気持ちが、節目の年を迎えるチームに栄冠をもたらしてくれるはずだ。

誰もが認める日本サッカー界のレジェンド・GK川口能活選手。多くのクラブでプレーしてきた川口選手は昨季、さらなる成長を求めSC相模原に移籍した。J3という新たな舞台で過ごした昨季を振り返り、40歳を過ぎてもなお消えることのない「勝利」への熱き思いを打ち明けた。
誰もが認める日本サッカー界のレジェンド・GK川口能活選手。多くのクラブでプレーしてきた川口選手は昨季、さらなる成長を求めSC相模原に移籍した。J3という新たな舞台で過ごした昨季を振り返り、40歳を過ぎてもなお消えることのない「勝利」への熱き思いを打ち明けた。

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江成常夫さん写真展

江成常夫さん写真展

光と緑の美術館で開催中

3月4日~4月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/