さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

給食で「被災地を忘れない」市立中学 東北の食材使用

社会

大船渡市のさんまを使用した蒲焼きを頬張る麻溝台中の生徒
大船渡市のさんまを使用した蒲焼きを頬張る麻溝台中の生徒
 「東日本大震災を忘れない」―。「食べること」を通じて、被災地や震災を考える一つの契機にしようと、東北の食材をふんだんに使用した給食が9日、市内の中学校で提供された。

 当日は、市と交流を持つ岩手県大船渡市で水揚げされた「さんまの蒲焼き」をはじめ、同県の地鶏を使った「炒り鶏」、デザートには青森県産のりんごを煮詰めた「ハニーアップル」などが振る舞われた。

 給食が提供された麻溝台中学校(南区)では、東北の食材を通じて被災地や震災が起きた日に思いを馳せる生徒たちの姿が見られた。渋谷美依沙(みいしゃ)さん(2年)は、「全部のメニューが美味しかった。給食を食べて震災を思い出す」と当時を振り返った。同校の内山桂吾教頭は、「食を通じて、子どもたちに被災地を応援するきっかけを与えてくれている」と取組みの意義を再認識していた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リレー講演など盛り沢山

リレー講演など盛り沢山

11月23日 宇宙フェスタ

11月23日~11月23日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク