さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

地域一丸で認知症予防 社会

星が丘でカフェ開催

ロボット「パルロ」とともに体操に取組む参加者
ロボット「パルロ」とともに体操に取組む参加者
 星が丘公民館では、外出やおしゃべりをする機会を設けることで認知症の予防につなげようと「すずかけオレンジカフェ」が毎月第4火曜日に開催されている。

 同館の高齢者学級のOBらによって組織される、すずかけオレンジカフェ運営委員会(狩野廣美代表)が、星が丘高齢者支援センターや同地区社会福祉協議会(坂本洋三会長)などと協力しながら催している同カフェ。2月28日には、県が推進する脳と身体の機能を効果的に向上させることが期待できる体操「コグニサイズ」(コグニション【認知】とエクササイズ【運動】を組み合わせた造語)をロボット「パルロ」とともに参加者全員で実施。パルロが参加者に声をかける場面もあり盛り上がりを見せた。狩野代表は「今後も様々な行事を盛り込むことで、カフェが明るく楽しく気軽に立ち寄れる高齢者の一つの居場所になれば」と話した。

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク