さがみはら中央区版 掲載号:2017年5月18日号

「共感経済」地域から発信 経済

JC例会に180人

CSVについて語る八木委員長(右)
CSVについて語る八木委員長(右)
 公益社団法人相模原青年会議所(JC/義美亮太理事長)の5月第一例会「シン・さがみはら経済活性化計画」が11日、相模女子大学グリーンホールで開かれ、約180人が参加した。

 テーマは「地元企業だからできる!儲かる地域貢献の極意とは」。(株)伊藤園CSR推進部環境室長の近本明彦氏、サッポロホールディングス(株)CSR室室長の嵯峨山真氏を招き、企業利益と社会的課題解決を両立させる取組(CSV)を、市内企業の実践例などを見ながら学んだ。JC地域経済活性化委員会の八木健芳委員長は「CSVと『三方よし』の精神を合わせた、持続可能で共感できる経済活性化策を相模原から発信したい」と話していた。

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オカリナで癒しの時を

オカリナで癒しの時を

ランチタイムコンサート

10月18日~10月18日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/