さがみはら中央区版 掲載号:2017年5月18日号

偉人・伊東方成を知る 文化

出身地・上溝で俳句会

俳句や郷土史の愛好家らが多く参加した同会
俳句や郷土史の愛好家らが多く参加した同会
 幕末に現在の上溝に生まれ、その後明治天皇付きの医師(侍医)として活躍した偉人・伊東方成の命日(5月2日)に合わせて4月29日、上溝公民館で俳句会が開催された。

 伊東について地元の人に知ってもらう機会をつくろうと企画されたこの催し。当日は、俳句や郷土史の愛好家らおそよ20人が参加。伊東が幼少期に勉学に励んだ寺子屋の主宰者であり、上溝で初めて種痘を行った井上篤斎の碑がある宝光寺の見学も行った。

 上溝の歴史を調査・研究している「上溝を学ぶ会」のメンバーである田口孝平さんによれば、地元では伊東についての認知度が低いという。伊東の周辺には上溝のまちの基盤をつくった偉人が多くいることから、「俳句会などを契機に伊東を知ってもらえれば、上溝についてもっと知ってもらうことにつながるのでは」と期待を寄せる。今後は7月に伊東の功績をまとめた展示会も行う予定。

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/