さがみはら中央区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

三条クラーク、県制し全国 小学生 男子バドミントン

スポーツ

高野主将(1列目右から2番目)を中心に表彰状を掲げる男子メンバー
高野主将(1列目右から2番目)を中心に表彰状を掲げる男子メンバー
 バドミントンの小学生大会「第23回若葉カップ 神奈川県予選会」が3日、多摩スポーツセンターで行われ、区内で活動する三条クラークジュニア(藤野隆弘代表/以下三条)が男子団体で初優勝を遂げ、全国大会への出場権を手に入れた。

 男子団体の予選には県内から8チームが参加。4チームごとのグループリーグに分かれ1位同士が優勝を争った。団体戦は4年生以下のシングルスに5年生以下、6年生以下それぞれシングルス、ダブルスの計5本で勝負を決める。

 三条はグループリーグ第1戦、相手の人数不足により不戦勝。続く2戦も難なく勝利し、第3戦は市内のライバルチーム・若草ジュニアと激突した。三条は1本目を落とすも2、3、5本目を奪取。3対2で勝利し、3戦全勝で決勝へと駒を進める。

 決勝の相手は汲沢バドミントンクラブ。「ダブルス勝負」で挑んだ三条は、1、2本目を落とすもその後のダブルスを連取し、最後は5年生以下シングルスで石若泰智選手(5年生)が相手を圧倒し栄光を勝ち取った。三条は女子団体で2010・11年に同大会を連覇しているが、男子団体での優勝は初となる。

 県を制した三条は、7月下旬から行われる全国大会に出場する。高野颯斗(かざと)キャプテン(6年生)は「全員の基礎的な部分をもっと上達させて、全国では予選突破をめざしたい」と意気込んだ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク