さがみはら中央区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

夜空彩る 大輪8000発夏の風物詩に20万人

文化

色鮮やかに打ちあがる花火=相模原市提供
色鮮やかに打ちあがる花火=相模原市提供
 市の夏の風物詩である一大イベント・相模原納涼花火大会が26日、相模川高田橋上流で行われた。

 「情緒と水郷と鮎のまち」水郷田名の復興を願い、地元の消防団が1951年に「田名煙火大会」として始めたとされる同催し。71年に現在の「相模原納涼花火大会」の名称となった。

 昨年はあいにくの空模様の中で開催され、今夏も雨空が多く天気が心配されたが、当日は「花火日和」の晴天に。今年は昨年を上回る20万人が来場した。

 会場である高田橋付近は多くの露店でにぎわう中、約8000発の大輪が夜空を彩り、訪れた来場者の目を楽しませた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リレー講演など盛り沢山

リレー講演など盛り沢山

11月23日 宇宙フェスタ

11月23日~11月23日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク