さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月7日号

四国からの「下剋上」 スポーツ

VOL.4 7月29日〜9月2日徳島インディゴソックス伊藤 克の挑戦

伊藤克投手/178cm/93kg/相模原市中央区田名出身中学では「相模原リトルシニア」で活躍し、強豪校から声がかかるも家庭の事情で進学を断念。中学卒業後は働きながらクラブチームでプレーし、トライアウトを経て今年から野球の独立リーグ・四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックスに加入した
伊藤克投手/178cm/93kg/相模原市中央区田名出身中学では「相模原リトルシニア」で活躍し、強豪校から声がかかるも家庭の事情で進学を断念。中学卒業後は働きながらクラブチームでプレーし、トライアウトを経て今年から野球の独立リーグ・四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックスに加入した
ぶち当たる壁は「乗り越えるべき壁」

 「最悪っす」。7月に幕を明けた後期を振り返り、自らの不甲斐ない出来に言葉は淀んでいた。抑えとして大車輪の活躍を果たし、防御率トップで終えた前期から一転、伊藤投手は四国で初めて大きな壁に直面している。

 その原因の一つが夏場の猛暑。平日はナイターだが、土日には炎天下での試合も多く、真夏の厳しい日差しに徐々に体力を奪われた。バランスを崩した体では思うように腕が振れず、生命線である直球のキレは鳴りを潜めた。結果、前期は1敗のみだったが、後半戦だけで4敗を喫し、防御率も1点台から2・84まで下落した。

 前期優勝を果たしたチームも主力外国人選手が抜け、現在最下位に沈む。自身もチームも厳しい状況だが、初心は揺るがない。「先発なら最低でも7回1失点で試合を作り、抑えなら3人でしっかり終える。チームから求められている役割を果たすことに集中していきます」

 後半戦も残すところわずか。大きな壁を乗り越えるため、1球1球を自分の糧にしていく。

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オカリナで癒しの時を

オカリナで癒しの時を

ランチタイムコンサート

10月18日~10月18日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/