さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

ゲートボール大会に281人社福が地域交流事業

文化

多くの地域住民が参加
多くの地域住民が参加
 社会福祉法人相模福祉村(赤間源太郎理事長)が主催するゲートボール大会「相模福祉村杯」が10月24日、麻溝公園スポーツ広場で開催された。

 「社会・地域における福祉の発展等」を担う社福として同法人では、地域に開かれた施設づくりをめざすべく、毎年同大会を実施。今年で10回目を数えた。

 節目となった今大会には全49チーム281人が参加。当日は赤間理事長による会長挨拶や前年度優勝チームが務めた選手宣誓などの開会式が行われた後、午前・午後に分けて試合を開催。同法人運営の「たんぽぽの家」「虹の家」による焼きそば、豚汁提供も参加者から好評を博した。

 赤間理事長は「地域との繋がりをより深められるよう、今後も継続的に開催していきたい」と話している。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク