さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

公益財団法人相模原市体育協会の会長にこのほど就任した 三塚 康雄 さん 緑区橋本台在住 68歳

「人を大切に」 信念継ぎ奮起

 ○…前会長の森田之雄氏からバトンを継ぎ、市体育協会6代目の会長に就任。20年以上にわたり、会に尽力した前会長の逝去に組織全体が揺れる中で、森田氏の隣で長きに貢献してきた経歴とその明るく質実な人柄を推され、白羽の矢が立った。「森田さんには多くのことを教わった。私の力が役に立つのなら」。スポーツを通じた市民の健康と豊かな社会の実現をめざし、35の加盟団体をまとめる。

 〇…自身の活動の原点となったスポーツはスキー。物心ついた頃、父に連れられてから始めた。「自分より大きなリュックを背負い、ゴムのスキー靴と母の手編みの帽子。上野からの蒸気機関車に乗って新潟方面へね」と当時を懐かしむ。まだスキー人口も少なく、ゲレンデへ行くだけでも一苦労。それでもトンネルをくぐった先の銀幕の世界に惹かれ続けた。アルペンスキーやノルディックスキーなど様々な経験を積む中では、時に自然の強大さを目の当たりにする事もあったが、「だからスキーは面白い。困難と楽しさを共にした仲間たちが私の宝かな」と微笑む。健全なスポーツ文化の振興をめざし、現在は体協の活動の他、県スキー連盟の副会長も務める。

 〇…お酒も嗜むが、雪山で鍛えた心身は健康そのもの。何よりの楽しみは、目に入れても痛くないと言い切る孫たちとの時間だ。「年少と小学3年生。エネルギーの源なんだ」と「優しいおじいちゃん」の顔を見せる。もちろんスキー用品は買い与え、ゲレンデにも連れて行った。

 〇…就任にあたり、胸に秘める思いは武田信玄の言葉『人は石垣、人は城』―。「森田会長も大事にされていた言葉なんだ」。周囲の人々を大切にし、信頼することで生まれる力が組織を強くする。その教えの下、「誰もが気軽にスポーツを楽しめるように。市民の皆さんが毎日心も身体も健康に過ごせるための環境作りに努めていきたい」と固い決意で運営に臨む。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

小野 王海(たかみ)さん

第5回「いのちの授業」大賞で県知事賞を受賞した

小野 王海(たかみ)さん

12月7日号

八木 繁雄さん

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める

八木 繁雄さん

11月23日号

井出 樹里さん

アメリカで開催されたトライアスロンのワールドカップ・サラソタ大会で優勝した

井出 樹里さん

11月16日号

小林 俊彦さん

相模原消防署に勤務し、第46回神奈川県安全運転競技大会で最優秀賞を受賞した

小林 俊彦さん

11月9日号

谷 昭次さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

谷 昭次さん

11月2日号

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

10月26日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク