さがみはら南区版 掲載号:2017年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

南区成人式

2669人が門出

社会

趣向凝らした式典も

グリーンホール会場付近で(昨年のようす)
グリーンホール会場付近で(昨年のようす)
 新たに成人となった、またこれからなろうとする人を祝う「平成29年はたちのつどい(成人式)」が1月9日(月・祝)、市内各区の3会場で開催される。南区は相模女子大学グリーンホールで午前と午後の2部制。

 今年は1996年4月2日から97年4月1日までに生まれた人が対象で、市内全体で7425人。南区内では2669人(男性1364人、女性1305人)が成人式を迎える(2016年11月1日現在)。

 南区の式典は第1部が麻溝・大野南・東林・新磯地区に住んでいる人が対象。午前10時20分開場、40分開始。第2部は相模台・相武台・大野中地区に住んでいる人が対象で、午後0時30分開場、50分開始。

 式典は、新成人9人で結成された「南区はたちのつどい実行委員会」が市役所、企画会社のサポートを受けながら運営。実行委員長の佐柄(さがら)雄斗さん(20)によると、同実行委は夏ごろから話し合いを重ね、約半年間かけて準備を進めてきたという。

 式典当日は、主催者・来賓の祝辞や記念映画の上映などのほか、3区各々で企画されたアトラクションを実施。南区では、会場内のスクリーンと携帯電話を使ったアトラクションなどを企画。また、記念映画の撮影では、実行委員が中心となり市内各地でロケを行った。

 成人式には、「大人になったことを自覚し、郷土への関心を深める機会とする」という趣旨もある。今回、同実行委での活動について、佐柄さんは「メンバーのスケジュールの調整や、色々なアイデアをまとめることに苦労した」と振り返りながら、「はたちを迎える同年代が一堂に会するということで、皆が郷土の素晴らしさを確かめる機会にできればいい」と、当日に向けた意欲を語った。

実行委員長の佐柄雄斗さん
実行委員長の佐柄雄斗さん

関連記事powered by weblio


さがみはら南区版のトップニュース最新6件

市魅力満載の冊子製作

相模女子大学

市魅力満載の冊子製作

10月19日号

若者文化で相模原をPR

新イベント「相模まつり」

若者文化で相模原をPR

10月19日号

全力で掴んだ1部残留

ノジマステラ神奈川相模原

全力で掴んだ1部残留

10月12日号

施設利用、有料に

市立公民館

施設利用、有料に

10月12日号

節目の100回大会開幕

南部少年野球大会

節目の100回大会開幕

10月5日号

地域タッグで試合に華

ノジマステラ×相模女子大

地域タッグで試合に華

9月28日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク