さがみはら緑区版

2015年6月の記事一覧

  • 医師と患者、二人三脚で臨む循環器治療

    医療レポート

    医師と患者、二人三脚で臨む循環器治療

    急性疾患にも常時対応できる体制を強化

     「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。...(続きを読む)

  • 消防団協力事業所を認定

    消防団協力事業所を認定 社会

    市が表示証交付

     相模原市は、市内の49の事業所を「消防団協力事業所」と認定し、17日に同事業所表示証の交付式を消防指令センター(中央区中央)で開催した。...(続きを読む)

  • 「お店大賞」投票スタート

    7月1日〜

    「お店大賞」投票スタート 経済

    投票者に抽選で豪華賞品も

     相模原市内で小売業・飲食店、サービス業を営む店舗(大型店・チェーン店及び過去の大賞受賞店舗を除く)の中から、個性的かつ魅力的で、消費者に支持されている店舗を表...(続きを読む)

  • 夏に響く 力強いサウンド

    夏に響く 力強いサウンド 文化

    親父バンドがコンサート

     地元在住・在勤の”親父たち”で結成されるエレキインストバンド「ザ・ブルーサウンズ」が18回目となる定期チャリティーコンサートを6月6日、サン・エールさがみはら...(続きを読む)

  • 演芸で笑いと感動を

    演芸で笑いと感動を 文化

    津久井中央公民館

     津久井中央公民館ホールで7月12日(日)、第5回「ぶんぷく演芸会」が開催される。時間は午後1時開場、1時半開演。入場無料。 当日は、や...(続きを読む)

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    6月25日0:00更新

     梅雨が明けるといよいよ夏本番。お祭りやスポーツ大会などの取材が増えてくる季節の到来です。 移動に利用している自動車(通称・タウン号)は...(続きを読む)

  • 高校生の特別賞を追加

    高校生の特別賞を追加 経済

    緑区SFF 応募作品の募集開始

     緑区魅力づくり事業実行委員会(小林滿委員長)は今年も「緑区ショートフィルムフェスティバル」の開催を決定し、参加作品の募集を開始した。 ...(続きを読む)

  • オートバイ隊導入へ

    オートバイ隊導入へ 社会

    災害時の情報収集に活用

     相模原市は、大規模災害の発生時に市内の被害状況を迅速かつ正確に収集するため、オートバイ隊を導入する。消防隊員は救助活動に専念するため、一般職員で編成。すでに入...(続きを読む)

  • 平均約70万円を支給

    平均約70万円を支給 政治

    市職員の期末・勤勉手当

     相模原市は12日、2015年度6月の市職員の期末・勤勉手当(夏のボーナス)を発表した。  総支給額は35億9154万円...(続きを読む)

  • 役所、公民館、消防が一つに

    青根地区

    役所、公民館、消防が一つに 社会

    地域拠点施設として期待

     相模原市は11日、現在離れた場所にある津久井消防署青根出張所、緑区役所青根出張所、青根公民館を一つにまとめた複合施設として建設・整備する計画を市議会に提出した...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

6月15日号

中学生、父親の命救う

犬蔵中土橋竜治君

中学生、父親の命救う 社会

6月9日号

黄金世代、最後の全国へ

ソフトテニス

黄金世代、最後の全国へ スポーツ

6月17日号

ゆずの苗木で20周年祝う

岡村公園

ゆずの苗木で20周年祝う 社会

6月15日号

定期航路便 実現に光

久里浜港

定期航路便 実現に光 経済

6月9日号

気合十分「行くしかねぇ」

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/