さがみはら緑区版 掲載号:2016年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

相模原北公園

利用者投票で新遊具決定

社会

今年度末までに設置予定

「ぐるぐる迷路と森の展望台」の完成イメージ
「ぐるぐる迷路と森の展望台」の完成イメージ
 相模原北公園にある複合遊具が更新されるにあたり、この度新しく設置される複合遊具が「ぐるぐる迷路と森の展望台」に決定した。新遊具の選定には、市として初めて同公園利用者による投票を実施。合計で709票の投票があり、市環境経済局環境共生部公園課は「遊びにきた子どもたちや保護者の方にも協力してもらい、想像以上の反応があった」と話している。

 市内の公園は設置から30年以上経過したものが現時点で約3割を占め、10年後には約7割に達する見込みとなっている。こうした状況を踏まえて、市は3月に「相模原市公園施設長寿命化計画」を策定。老朽化が進んでいる公園施設の修繕や撤去、更新を進める方針を定めた。

 北公園の供用開始は1991年。園内の「水辺の広場」付近に設置されている複合遊具は、水に触れていることから劣化が進んでおり、安全基準の観点からも不適合とされていた。そこで市は同計画に基づき、現在設置されている複合遊具を撤去し、園内にある「ピクニック広場」に場所を移して、新しい複合遊具を設置することを決めた。また同様に相模大野中央公園(南区)の複合遊具も更新が決まっており、2つの公園の遊具の更新及びその他の公園の修繕費等も合わせて、今年度は約4600万円の予算が計上されている。

 市公園課はまず初めに遊具メーカーに費用面など様々な条件をもとにした遊具の提案書の作成を依頼。提案を受けた中から選定した3つの遊具の完成イメージを北公園内に掲示し、公園利用者による投票を8月5日から21日にかけて受け付けた。同課は「公園は子どもたちにとって夢がある場所であってほしいとの思いから、行政や自治会などの大人たちが決めるのではなく、実際に利用している人たちに決めてもらうことにしました」と話す。投票方法は掲示板に付属していたシールを気に入った遊具イメージの投票欄に貼っていくというもの。結果として、総投票数709票のうち、359票を獲得した「ぐるぐる迷路と森の展望台」が公園利用者によって選ばれた。

 長さ10mのロングスライダーが目を引く新複合遊具には、多くの緑に囲まれた北公園の自然を眺めることができる展望台が設けられている。来年3月の使用開始をめざし、現行の遊具の撤去などが進められていく。「多くの投票をいただけたので、今後も機会があれば、利用者による投票形式を続けていきたい」と同課は話している。

関連記事powered by weblio


さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

市内初 特養で「子ども食堂」

連携協定で地域発展図る

相原高校橋本公民館

連携協定で地域発展図る

10月19日号

全力で掴んだ1部残留

ノジマステラ神奈川相模原

全力で掴んだ1部残留

10月12日号

施設利用、有料に

市立公民館

施設利用、有料に

10月12日号

両区とも3氏が出馬予定

衆院選神奈川14・16区

両区とも3氏が出馬予定

10月5日号

鳥獣被害対策に空撮導入

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク