さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月2日号

ソレイユさがみの指定管理者「NPO法人 男女共同参画さがみはら(サーラ)」の代表理事を務める

石井 トシ子さん

中央区青葉在住 67歳

誰もが輝ける社会めざし

 〇…1990年に、女性の自立と社会参加を推進する市の呼びかけに応じ設立された「市女性団体連絡協議会」を前身とするNPO法人を2年前から先導。指定管理を担うソレイユさがみを拠点に、女性の就労支援に尽力している。「『女だから』というのはいい。持って生まれた性だから。でも、『女のくせに』というのは違う。男女共同参画とは、男も女も『自分の好きを生き、ともに輝く』ということ」。女性の権利を声高に叫ぶというより、男女がそれぞれの役割を互いに協力して事をなす。そんな社会の実現を標榜する。

 ○…出生は茅ヶ崎市。2歳頃、南区新戸へ。幼少に母を、18歳で父を亡くし、「早く働きたい」と若くして職に就く。対話に苦労の影はみせないが、毅然と、はっきりと相手に思いを伝える姿に、自主自立の精神を垣間見る。市農協勤務時に上司の紹介で知り合った夫と22歳で結婚し退職。主婦業と並行して、稼業の工務店の事務に農作業にと、慌ただしい毎日。そんな中、「楽観的」で「なんでも夢中になって楽しむ」性格が、人や地域との関わりを次々と生んでいった。

 〇…地域の子ども会、並木小・桜美林中高PTA、光が丘地区交通安全母の会、地区社協など渦を巻くように活動が絡まりあう。2007年には光が丘公民館初の女性館長に。「人と人を繋げ、来館者が笑顔になる公民館」の信念で昨年4月まで9年間にわたる職務を全う。現在、橋本七夕まつりの実行委員も務める。

 〇…長男が4歳で他界。二人の娘が生きる力に。今、ひと月に一度遊びに来る4歳の孫が目に入れても痛くない。「悲しいことがあっても、それも私。同じ境遇の人の話もわかる」と、はきはきとした口調から一転、穏やかに微笑む。団体の長の役目は「次の人にしっかりバトンを繋ぐこと」。今までいろいろな人に助けられてきた。誰もが輝ける社会の実現に向け、「自分にできること」で恩を返していく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

小堀 倭加(わか)さん

競泳の日本選手権で、3種目の表彰台に上がった

小堀 倭加(わか)さん

5月18日号

井戸 和宏さん

さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)を運営するNPO法人Link・マネジメントの代表を務める

井戸 和宏さん

5月11日号

稲場 純さん

(株)リガルジョイント社長で、4月に相模原市青年工業経営研究会(青工研)の会長に就任した

稲場 純さん

5月4日号

芳晴(よしはる)(遠藤芳晴)さん

甲州街道に伝わる民話、伝説などを二胡や琵琶で語るライブを行っている

芳晴(よしはる)(遠藤芳晴)さん

4月20日号

タブレット純さん

お笑い芸人で、このほど相模原市名誉観光親善大使に選ばれた

タブレット純さん

4月13日号

小林 幸治(ゆきはる)さん

小原宿活性化推進会議の会長として、本陣を中心とした地域振興に尽力する

小林 幸治(ゆきはる)さん

4月6日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/